オフィス空間から生体データが取れるようになり HR領域にデータが活用される時代の到来

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

企業向け睡眠データ分析の「O:SLEEP」、休退職のリスク予測をを高精度化

休退職削減支援サービス「O:SLEEP」を提供するO:はこどもみらいと連携し、「従業員の休退職リスク」や「生産性低下度合」を高精度に推定できるようになったと発表した。

続きを読む

「未来のオフィス空間」づくりを目指す――、オカムラやソフトバンク、ダイキン工業など6社共同で取り組みを開始

 株式会社オカムラ、ソフトバンク株式会社、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、三井物産株式会社、ライオン株式会社の6社は30日、「未来のオフィス空間」づくりを目指した取り組みを、共同で企画・実証すると発表した。ダイキン工業が2018年2月に発表した協創プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」の第1弾プロジェクトとして実施される。

続きを読む