日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

個人情報保護方針

SEEDER株式会社(以下「当社」といいます)は、イノベーション支援SaaSの開発並びに販売事業を展開しております。当社は、これらの業務の中で取得したお客様及び当社に関わるすべての個人情報に安全対策を施し、適切に保護する事が当社の責務と考えております。これらの事業は、関係者(お客様、お取引先様、及び従業員)の信頼の上に成り立っております。
当社は、事業活動を遂行するために、お預かりするすべての個人情報をより厳正に取り扱うため、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として、本個人情報保護方針を定め、その遵守の徹底をはかります。

マネジメントシステムの構築および継続的改善

当社は、「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(JISQ15001:2017)に準拠したマネジメントシステムを構築し、適切に運用いたします。
また、構築したマネジメントシステムは、内部監査や代表者による見直し等の機会を通じて、継続的に改善してまいります。

法令・規範の遵守

当社は、個人情報を取り扱うにあたり、個人情報に関する法令及び国が定める指針その他の規範、ガイドライン等を遵守いたします。

個人情報の取り扱い

当社事業、並びに従業員の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、予め特定された利用目的の範囲内において、個人情報の適切な取得・利用および提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのための適切な措置を講じます。

安全対策の実施

当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保し、不正アクセスおよび、漏洩、紛失、破壊、改ざんなどを防止するため、個人情報へのアクセス管理、持ち出し手段の制限、情報セキュリティ対策等の安全対策を実施いたします。これらの安全対策は必要に応じ、見直し、改善してまいります。
また、万一何らかの事故が発生した場合には、直ちに対策を講じ、再発防止に努めます。

苦情、相談、お問い合わせ

本方針及び、当社の取り扱う個人情報に関する苦情、相談、お問い合わせは、下記担当窓口までご連絡ください。速やかに対応いたします。

SEEDER株式会社
代表取締役  林 直也

2021年5月1日制定
2022年7月20日改訂

個人情報 問い合わせ窓口

SEEDER株式会社
個人情報保護管理者 林 直也
TEL 03-4572-0697
e-mail  privacypolicy@sd-g.jp

個人情報の取扱いについて

1.組織の名称、住所、代表者氏名

SEEDER株式会社
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6番19号 バイナリー北青山ビル10階
代表取締役 林 直也

2.個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先

個人情報保護管理者 林 直也(代表取締役) TEL 03-4572-0697

3.個人情報の利用目的

当社は個人情報について、利用目的を特定するとともに、法で定める場合等を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内において利用いたします。

  • 入社希望者の個人情報(保有個人データに該当)

    採用選考の実施のため

  • 従業員の個人情報(保有個人データに該当)

    従業員への労務管理、福利厚生、給与支給、税務処理、健康管理、安全管理、人事考課等のため

  • 調査対象者の個人情報(保有個人データに該当)

    マーケティング分析における消費者リサーチのため
    謝礼支払いのため
    日程調整等の連絡のため
    税務上の書類作成のため

  • 顧客情報(保有個人データに該当)

    お問い合わせ対応のため
    当社のサービスに関するご案内のため
    当社のセミナー及び各種イベントのご案内のため

  • 会員情報(保有個人データに該当)

    当社サービスに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため
    当社のセミナー及び各種イベントのご案内のため
    SEEDATAアカウント発行のため
    有料サービス利用費用決済のため

4.苦情、相談、お問い合わせ

当社の取り扱う個人情報に関する苦情、相談、お問い合わせは、下記担当窓口までご連絡ください。
速やかに対応いたします。

【苦情・相談・お問い合わせ窓口】

SEEDER株式会社
個人情報保護管理者 林 直也
TEL 03-4572-0697
e-mail  privacypolicy@sd-g.jp

5.匿名加工情報の取り扱い

・運用データの匿名加工方法と取り扱い

当社は、運用データとして、利用者の名前、メールアドレス、所属企業、部課名、役職、Cookie等の識別ID等個人に関わる情報を取得しますが、ユニーク性を担保するためにはメールアドレスについて鍵付一方向性ハッシュ関数により不可逆変換し、利用者の名前、所属企業、部課名は削除することで、匿名加工を施します。

・匿名加工後データの利用目的と第三者提供

当社は、次の目的で匿名加工後データを利用し、または第三者提供をメール送信、郵送、Webサイトへの掲載、Webサイトからのダウンロードにて行います。

  • ①マーケティング調査および分析
  • ②業界動向の分析のための統計数値作成および分析
  • ③提携事業者への提供

提携事業者とは資本提携や業務提携を含みますが、これらに限らないものとし、商品開発およびサービス企画のため、もしくは営業販売活動における付加情報として利用されます。

個人情報の開示等請求の手続き

当社は、当社が個人情報を取得したご本人、またはその代理人から、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止、第三者提供記録の開示(「開示等」といいます。)を求められた場合、所定の手続きにより、速やかに対応いたします。

  • 開示等請求手続きの流れ

    ◇開示等ご請求窓口へ、電話またはe-mailで申し込み
            ↓
    ◇当社より所定の書類を郵送
            ↓
    ◇必要書類と手数料(利用目的の通知・開示の場合)を開示等ご請求窓口へ郵送
            ↓
    ◇当社にて必要書類及び手数料を確認し、開示等請求に対する回答を送付

  • 開示等の請求先

    開示等のご請求は、開示等ご請求窓口まで、電話またはe-mailでお申し込みください。
    当社所定の請求書を郵送いたします。

    【開示等ご請求窓口】

    SEEDER株式会社
    個人情報保護管理者 林 直也
    TEL 03-4572-0697
    e-mail  privacypolicy@sd-g.jp

  • 開示等の請求に必要な書類

    ※ご本人によるご請求の場合

    ①当社所定の請求書

    ②本人確認のための書類
    (a~cの場合いづれか1点のコピー1通、d~fの場合いづれか2点のコピー1通ずつ)
    a. 運転免許証(表・裏ともに)※注
    b. パスポート
    c. 番号カード(表面)
    d. 健康保険証
    e. 年金手帳
    f. 住民票の写し

    ※代理人によるご請求の場合(上記①、②に加え、③、④が必要となります)

    ③代理権確認のための書類(a、bいずれか)
    法定代理人(親権者または成年後見人)の場合
    a.戸籍謄本、または成年後見登記事項証明書等、法定代理権があることを確認できる書類
    任意代理人の場合
    b.委任状(本人の署名捺印のあるもの)及び印鑑登録証明書(委任状に捺印された本人の印鑑のもの)

    ④代理人確認のための書類
    (a~cの場合いづれか1点のコピー1通、d~fの場合いづれか2点のコピー1通ずつ)
    a. 運転免許証(表・裏ともに)※注
    b. パスポート
    c. 番号カード(表面)
    d. 健康保険証
    e. 年金手帳
    f. 住民票の写し
    ※注 運転免許証のコピーをご提示頂く場合は、本籍地をマジックで塗りつぶして下さい。

  • 開示等の請求に必要な手数料およびその徴収方法

    利用目的の通知、または開示をご請求の場合、手数料を頂戴しております。
    必要書類をご郵送いただく際、以下の金額の郵便切手を同封してください。
        利用目的の通知、開示のご請求一件につき  1000円
    その他のご請求(内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)の場合、手数料は不要です。

  • 開示等の請求に対する回答

    ご本人(代理人請求の場合は代理人)のご希望の方法により、送付いたします。
    ※所定の「請求書」に回答方法のご希望を記載する欄があります。

  • 開示等の請求に応じられない場合

    以下の①~⑥に該当する場合、開示等のご請求にお応えできません。お応えできない場合は、
    その旨理由を付記して通知いたします。手数料の返却は致しかねますので、ご了承ください。

    ① 本人確認ができない場合
    ② 代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
    ③ 所定の請求書類に不備があった場合
    ④ 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    ⑤ 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    ⑥ 法令に違反することとなる場合

  • 開示等の請求で取得した個人情報の利用目的

    開示等のご請求にともなって取得した個人情報は、開示等のご請求に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。

6.個人情報の安全管理のために講じた措置について

当社では、個人情報をより厳正に取り扱うため、JIS Q 15001に準拠した個人情報保護方針を始め、個人情報保護規程等を策定し、個人情報保護マネジメントシステムを運用しております。
また、実際に個人情報を取り扱うにあたり、組織的、人的、物理的、技術的の4つの観点より安全管理措置を講じております。

以上