その場で買うことを期待されない店舗 商品の体感のみを目的として気軽に店舗を訪れることができる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

アパレル業界をどう揺るがす?日本発カスタムメイドD2Cの挑戦──FABRIC TOKYO 森雄一郎 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

眼鏡、財布、時計…数え始めたらキリがないほどに、「D2C(Direct to Consumer)」を採用する小売メーカーが各業界にそろっている。もはや小売メーカーは「自分でつくり、自分で売る」が当たり前となっている。 D2Cとは、従来のアパレルでは異なる企業が行っていた「企画」「製造」「流通」「販売」などを全てひとつの企業が行うことを指す。ユニクロやGAPのようなSPA(製造小売業)と近しいが、S

続きを読む