日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

アルコールやドラッグに頼らずにストレス解消。 リラックスブームの次は”ナチュラルハイ”が主流になる。

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

ドラッグはいらない、現代"ネオヒッピー"。60年代からヒッピーを撮り続けた大御所写真家が語る、新旧ヒッピー論 | HEAPS

ピースサインにサイケデリックカラー。マリファナを燻らせ、退廃的なライフスタイルに身をまかせる ー 「ヒッピー」に抱くイメージはこんなところだろうか。 1960年、70年代にいたヒッピーたち、時代は変わってこの21世紀にも存在する。彼らの名はネオヒッピー。 ©Steve Schapiro 彼らの姿を3年間撮りため昨年、写真集『Bliss: Transformational Festivals & the Neo Hippie』を発表したのは、Steve Schapiro(スティーブ・シャピロ)。60年代にヒッピーの聖地サンフランシスコのHaight Ashbely(ヘイトアシュベリー)でフラワーチルドレンを撮った米大御所写真家である。 そんな"元祖ヒッピー"と"現代ヒッピー"、両者をカメラに収めてきた稀有な写真家に聞くー「ネオヒッピーとは一体何者なのか?」 ©Steve Schapiro 大御所写真家、息子に連れられ新世界発見 「そこではみな、喜びに満ち溢れていた。楽しみを分かち合うことに 全力を傾けていたんだ」 世界中を旅する"とてもスピリチュアルな"ネオヒッピーの息子を持つスティーブ。彼に連れられ写真家は、ネオヒッピーの姿をカメラで捉えようと、2012年から14年までの3年間、現代版ヒッピーたちが集うアメリカ各地のフェスティバルを巡礼した。 ©Steve Schapiro 80歳にさしかかっていた彼が目にしたのは、喜びを踊りで表現しようと一心不乱にダンスするヒッピー。自分で育てた食物を他の人に分け合うヒッピー、ヨガで瞑想に耽るヒッピー。写真集のタイトルにもある「Bliss(至福)」をただただ追求する彼ら。 彼が60年代に見た、ロックンロールとドラッグに溺れる退廃的なヒッピーたちとは少し違っていた。 コミューン化するフェスティバル ネオヒッピーたちがひと夏を過ごすのは、俗にtransformational festival (トランスフォメーショナル・フェスティバル)と呼ばれるフェスティバル。 一般の音楽フェスやアートフェスとは異なり、人生や自己成長、健康的な生活、クリエイティブな自己表現をすることに価値を見出し、フェスティバルで形成したコミュニティでそれらを高め合っていくというスピリチュアルなもの。 ©Steve Schapiro

続きを読む

「ナチュラルにハイになる」。2017年最注目!のヘルシードリンク、高揚感でふわふわになる「Kava(カヴァ)」って知ってる? | HEAPS

遅ればせながら、最近になってココナッツウォーターを飲みはじめた。ここ数年でアメリカで流行っているヘルシードリンク、風呂上がりや朝一番に飲むと喉には清涼感、それだけで体の調子がよくなる気がしたり。 ココナッツウォーターにグリーンスムージー、健康茶コンブチャ(あの昆布茶ではない)など、アメリカの、特に若いヘルスコンシャス・ピープルが愛する健康ドリンク。未だ人気は衰えない中で、それらに取って代わるかもしれない、ちょっと"怪しげな"スーパードリンクがじわじわきてると聞いた。 コーヒーよりも古い!"古のスピリチュアルドリンク" "今年注目のドリンク"ともてはやされているのは、「Kava(カヴァ)」。「Kava Kava(カヴァ・カヴァ)」とも呼ばれる、コショウ科の木ヤンゴーナの根を砕き水を加えてこした飲み物だそう。 発祥は南太平洋諸島。バヌアツ共和国やフィジー、サモア、ハワイなど南国の島々では、少なくとも3000年以上前から習慣的に飲まれていたそうで、起源が6世紀といわれるコーヒーよりもずっと古い。 社会的にも宗教的にも重要な飲み物で、村の集会や結婚式、来客をもてなす席、お葬式でも「まま、どうぞ一杯」とビールでなく「カヴァをどうぞ」。ココナッツのお椀に入れたカヴァをみんなでまわし飲みする。 儀式以外にも日没後にみんなで集まり瞑想しながらカヴァ、仕事終わりに露天のバーに寄ってカヴァ。南太平洋の庶民の生活に欠かせないカヴァは日常飲料であり、隣の村への手土産にもなり、お祝い事や儀式を象徴する"スピリチュアルドリンク"でもあるのだ。 ナチュラルに"ハイ"になれる? 「アルコールのような酩酊感」 「脳がしびれる感覚」 「眠くなる」 「とにかく楽しくなる」 「ふわふわした気持ちになる」。カヴァを飲んだ人は口々にこう言う。口や舌、喉に痺れを感じるとも。 アルコールでもドラッグでもないカヴァ、人によって偏りはあるものの一般的に高揚感やリラクゼーション効果を得ることができると言われている。 WebMD(ウェブエムディー:アメリカでいうオンライン版『家庭の医学』)によれば、カバには、不安や情動不安、ストレス、不眠症、月経前症候群、筋肉痛などの症状を和らげる効能があるのだとか。さらに性欲を高める効果もあるというから、恐るべき飲み物だ。(※)

続きを読む