日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

業界のアイドル的存在が業界のイメージを作る時代の到来。

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「私の仕事は蜂の管理」。嫌われがちな仕事を"インスタジェニックにポスト"するミレニアル女子のSNSスキルが現代にもたらすもの | HEAPS

キツくて、危険で、お世辞にも華やかとはいえない。そういった仕事には、どんなに社会的意義があっても、若者が定着しにくいという現状がある。 ビーキーピング、日本語で養蜂。蜂蜜や蜜蝋、花粉をとるためにミツバチを飼育する仕事も、その一つだと思っていたが…。 養蜂界に現れた新星、ミレニアルガールのヒラリー・カーネリー。その仕事には珍しい若い女子、と注目されているわけではない。彼女、まったくインスタ映えしなさそうな仕事内容、「ハチと過ごす日常」を可愛く切り取り投稿。インスタジェニックに変換するそのスキルで、若者に「なにそれ?」と言われる仕事をうまーく現代にアップデートしているのだ。 イメージ、大切です。 「Girl Next Door Honey(ガール・ネクスト・ドア・ハニー)」とは、彼女の蜂ビジネスのブランド名。アイドルユニットみたいな「ポップさ」があっていい感じ。若者への訴求力があって、なるほどこの辺りの現代感もうまい。 ビーキーパー界のホープこと、ヒラリー・カーネリー(Hilary Kearney)は「ビーキーパーをフルタイムでやっているので『毎日ハチと一緒』」。それを現代女子のセンス満載でインスタに投稿してみたところ、青空の下でハチを鼻に乗っけて戯れる姿はかわいく、宇宙服のような頭まですっぽり覆う防護服姿さえ爽やかで、フォロワーはみるみる増えた。現在フォロワー4万超えだ。 @girlnextdoorhoney 時々、キュートな愛ネコや彼氏とのオフショットを混ぜることも忘れない。これまでのビーキーパー(養蜂家)のイメージを「同世代に響きやすいスタイル」にアップデートして発信。フォロワー数を増やしながら同世代の若者たちのハチへの関心を、うまーいこと高めているのである。 ハチに興味を持ったきっかけは「彼氏が興味があるって言ってたから」 定期的に開催しているハチに関するエコツアーでは、参加者たちにこう語りかける。「私のことを、ハチオタクとかヒッピーだとか、ちょっと変わった人だと思っている人もいますよね。でも、ちょっと前までは、アートスクールに通っていたごく普通の人だったんですよ」。

続きを読む