日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

高カロリー食材の代替技術が進歩し、 健康を害さない嗜好食品が出現する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「ナチュラルにハイになる」。2017年最注目!のヘルシードリンク、高揚感でふわふわになる「Kava(カヴァ)」って知ってる? | HEAPS

遅ればせながら、最近になってココナッツウォーターを飲みはじめた。ここ数年でアメリカで流行っているヘルシードリンク、風呂上がりや朝一番に飲むと喉には清涼感、それだけで体の調子がよくなる気がしたり。 ココナッツウォーターにグリーンスムージー、健康茶コンブチャ(あの昆布茶ではない)など、アメリカの、特に若いヘルスコンシャス・ピープルが愛する健康ドリンク。未だ人気は衰えない中で、それらに取って代わるかもしれない、ちょっと"怪しげな"スーパードリンクがじわじわきてると聞いた。 コーヒーよりも古い!"古のスピリチュアルドリンク" "今年注目のドリンク"ともてはやされているのは、「Kava(カヴァ)」。「Kava Kava(カヴァ・カヴァ)」とも呼ばれる、コショウ科の木ヤンゴーナの根を砕き水を加えてこした飲み物だそう。 発祥は南太平洋諸島。バヌアツ共和国やフィジー、サモア、ハワイなど南国の島々では、少なくとも3000年以上前から習慣的に飲まれていたそうで、起源が6世紀といわれるコーヒーよりもずっと古い。 社会的にも宗教的にも重要な飲み物で、村の集会や結婚式、来客をもてなす席、お葬式でも「まま、どうぞ一杯」とビールでなく「カヴァをどうぞ」。ココナッツのお椀に入れたカヴァをみんなでまわし飲みする。 儀式以外にも日没後にみんなで集まり瞑想しながらカヴァ、仕事終わりに露天のバーに寄ってカヴァ。南太平洋の庶民の生活に欠かせないカヴァは日常飲料であり、隣の村への手土産にもなり、お祝い事や儀式を象徴する"スピリチュアルドリンク"でもあるのだ。 ナチュラルに"ハイ"になれる? 「アルコールのような酩酊感」 「脳がしびれる感覚」 「眠くなる」 「とにかく楽しくなる」 「ふわふわした気持ちになる」。カヴァを飲んだ人は口々にこう言う。口や舌、喉に痺れを感じるとも。 アルコールでもドラッグでもないカヴァ、人によって偏りはあるものの一般的に高揚感やリラクゼーション効果を得ることができると言われている。 WebMD(ウェブエムディー:アメリカでいうオンライン版『家庭の医学』)によれば、カバには、不安や情動不安、ストレス、不眠症、月経前症候群、筋肉痛などの症状を和らげる効能があるのだとか。さらに性欲を高める効果もあるというから、恐るべき飲み物だ。(※)

続きを読む

何も犠牲にしない。女性が誘惑に負け続けていいチョコレート「Haute Chocolate」 | HEAPS

女性のための、女性によるチョコレート 「チョコレートって、女性が愛して止まないtreat(ご褒美)でしょ? なのに『男性ばかりが提供側にいる』ってこと、知ってた?」 まったく気にしたことはなかったが、確かに、ニューヨークで人気のブランド、Fine & Raw(ファイン・アンド・ロウ)、Mast Brothers(マスト・ブラザーズ)、2年ほど前に年日本にも上陸したMax Brenner(マックス・ブレナー、これはイスラエル発だが)すべて男性によるものだ。 「ニューヨークでは(多分)初の女性によるチョコレートよ」と、Haute Chocolate(オート・チョコレート)ブランドの創始者であり作り手の、Beryl Fine(ベリル・ファイン)。 チョコレートを作る女性はいたし、もちろんいまもいるだろうけど、オフィシャルなブランドでここまで女性をアピールしたものはこれまでにないと思うわ、とプロダクトを見せてくれた。 フレーバーは、セミ・スイートのスタンダードから、トーステッド・アーモンド、エスプレッソ、シナモン・チトポトレとユニークに揃う。 タグラインは#virtuoushedonism、"高潔な享楽"。「食べたあとの脂肪について」なんて余計なことを考えずに、思う存分チョコレートに浸ってほしい。 それを叶えるため、材料はすべてオーガニック、ビーガン。白砂糖ではなく、摂取自体が体に良いとされる「ココナッツ・メープル・シュガー」を使用。さらに丸々一枚チョコレートを食べ切っても、含有量は13gのみだ。 薄いスクエア型のもある。非常に可愛い。 「女性をあんなに気分をよくしてくれる食べ物ってないじゃない?まさに、食べる快楽なの、チョコレコートって。女性の気持ちと好みはやっぱり女性が一番知ってるでしょ」。始動から半年にして、女性のリピーターがかなり多い。 取り扱い店舗はブルックリンを自ら歩いて探していったそうで、あるセレクトショップを"オトした"話をしてくれた。 その日もサンプルを持って訪ね歩いていたのだが、その店では「チョコレートはなるべく食べないようにしてるの。私の店のお客様も食べないと思うから持って返って」と門前払い同様突っ返された。それでベリル、「じゃあ、一応置いてくだけ置いてくから、好きにしてよ」と。

続きを読む