日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

郷土料理と海外の調理手法を掛け合わせる ハーフ型料理がメジャーになるかも

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

パリの食文化を変える新世代の日本人シェフたち:朝日新聞デジタル

 パリの由緒あるレストラン「クラウン・バー(Clown Bar)」。サーカスを描いた1920年代のタイルの内装で知られる。ここの鴨(かも)のパイ包みは、一流のフランス料理の代名詞でもある。 鴨の胸肉を…

続きを読む