日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

手間暇かけずに愛着を込めることのできる商品へのニーズが急増

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

【ブーム前夜】。次のクラフトは「牛乳」だ! クラフト・ミルク産業は間違いなくアツくなる | HEAPS

クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。 ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハイクオリティ」で再現するという方程式があるクラフト・フード。 そのクラフトの最新情報。最近、ヒップスターを中心にアツい視線が注がれているのは、牛乳らしい。 小規模経営で職人が精魂込めて造る、近年流行りのクラフトは、「作り手の顔がみたい」「自分の体に入れるものがどうやって造られているか知りたい」人たちに人気のスタイル。 流行の兆しをみせる「クラフト・ミルク」ブーム前夜を、解剖しちゃいます。 Rebecca Siegel 街にミルクマンが戻ってきた! 先月英テレグラフ紙が報じたニュースでは、なにやらロンドンではいま、地元の牛乳屋さんが忙しくなってきているらしい。 イーストロンドンのミルクマン(牛乳配達)によるとここ最近で瓶牛乳の宅配を頼む人が増えているというのだ。お客さんは、ミレニアル世代のヒップスター。「自分の飲むミルクがどこから来ているのか」を知りたがる彼らは、オーガニックミルクや小さな酪農家で作られたミルクの宅配サービスに興味を示した。 従来の"牛乳"に加え、豆乳やアーモンドミルク、ライスミルク、ヘーゼルナッツミルクなど"non dairy milk(ミルク乳製品でないミルク)"(「牛乳がダメな人でも大丈夫」なミルク)も取り揃え、ヘルスコンシャスなヒップスターの需要にぴったりと当てはまった選択肢を用意していることが特徴だ。 Meg Nicol イギリスの酪農サプライチェーン事業団体「Dairy UK」の調べによると、今年は牛乳のドアステップデリバリー(宅配)数がここ20年で初めて増えると予想されている。また閉業間近であったあるロンドン郊外の牛乳屋さんは、新しいお客が最近増えてきたことで営業を再開したそうだ。 またここニューヨークでも人気なのが、小さな牛乳宅配サービス会社「Manhattan Milk(マンハッタンミルク)」。近隣のコネチカット州の農家で搾れた"グラスフェッド(grass-fed。牧草飼育された乳牛から搾れた)ミルク"を、青い制服を着た爽やかなお兄さんたちが青いかごに入れ担いで、自宅の軒先まで届けてくれるのだ。 SNSでも牛乳エンジョイ・ポスト

続きを読む

醸造所の味をいつでもどこでも!新型ビールディスペンサー「BrewQube」 | Techable(テッカブル)

日本では酒税法が改正され、ビールが実質値上がりした。これは、アルコール商品の過度の「安売り合戦」を抑制するためである。 国内のクラフトビールメーカーにとっては、大手ビールとの価格差が縮まったことでむしろ勝機が出てきたとい...

続きを読む