日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

オフィスは作業をする場所から創造性と人間関係を醸成する場へ “野菜を育てながら打ち合わせできるテーブル”

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

【健築】打ち合わせテーブルで野菜を育てよう! 竹中工務店が『ベジテーブル』開発 | 建設通信新聞Digital

 竹中工務店は、人と建築が寄り添うことで健康的な環境を実現する"健築"の新たなソリューションとして、スタンディング式の打ち合わせテーブルと野菜栽培を一体化した『ベジテーブル』を開発した=写真。植物工場の考え方を導入し、 無機培地式水草栽培装置などを採用し、無農薬で80種類以上の野菜を栽培できる。 グループ会社の朝日興産を通じて7月2日から販売とメンテナンスを開始する。 ベジテーブルは、インテリア・グリーンの「見る」に加えて、オフィスで働く人に野菜を「育てる」「収穫する」「食す」という体験を通じて完成・創造性の活性化や執務環境の改善、コミュニケーションの活性化などに貢献する。 植物工場で使われている固形無機培地による水耕栽培方式を採用し、無農薬で野菜栽培ができる。湿度確保と衛生に配慮したスライド開閉式のアクリルカバーを備え、収穫も簡単にできる。LED照明は栽培モードの明期とインテリアモードの暗期の強度切り替えを自動化。生育に必要な気流を確保するため、静穏ファンを採用したほか、栽培部と胴体下部にドレンパンを設置し、漏水を防止するなどメンテナンスの手間を省略。通常業務に影響がないように野菜栽培の自動化を図っている。 同社では、自社オフィス2カ所とクライアントのオフィス1カ所にベジテーブルを設置して1年間にわたって効果を検証。空間の快適さ、オフィス環境の総合満足度、業務の知的生産性に与える影響へのイメージが向上したとの結果が得られた。栽培できる品種は、リーフレタスなどの葉物野菜、ハーブ、ミニトマトなど80種類以上になる。 サイズは幅1545mm×奥行き1110mm×高さ1000mm(アクリル部200mm)。材質は木製・メラミン化粧板で天板は数種類の中から選択できる。テーブル部分はA4サイズの資料やノートパソコンを置けるスペースを確保し、コンセントなども備える。価格は本体が86万8000円(税別)。運搬・設置費、メンテナンス費、苗代が必要となる。問い合わせは、朝日興産緑化部・電話03-5653-5094。 建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

続きを読む