日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

コンテナを住居やオフィスとして扱う人たちの登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

運動場くらいある敷地に現れた「コンテナ・ビレッジ」。コンテナ村? | HEAPS

コンテナ・ショップ、コンテナ・オフィス、コンテナ・ハウス。 海上輸送のコンテナが大量に廃棄され、その二次利用が注目されてきた近年。 ブルックリンもその例外ではなく、アーティストがスタジオにしたり、最近では若者DJたちが空き地にコンテナ置いてコンテナ・ラジオ局を作ったり(これは明後日くらいにまた記事にします)とにかく工夫が競われている。 そんな中これまた一際興味をそそられたのが、ブルックリン、ブシュウィックに現れた「コンテナ・ビレッジ」。え、コンテナ村? コンテナ・"シェア"オフィスにようこそ どうやらコンテナ・ビレッジとは、コンテナ・オフィスの集合体で、いわば「コンテナ・『シェア』オフィス」というところらしい。早速現地に探しに行ったのだが、外からは高いフェンスで覆われていて見えない。 うろうろしてみたが、誰もでてくる気配がないので、コンテナ・シェアオフィスの利用者にコンタクトをしてみるとすぐに「ぜひ見においでよ」と返信が。 お言葉に甘えて(?)「実はいまもう目の前なんです…」と言う図々しさにも、爽やかな笑い声で快く招き入れてくれた。 案内してくれたのは彼、David Smith(デイビッド・スミス)。元々はビンテージのインテリアデザインの会社に勤めていたが、独立をきっかけにオフィスを探していたところ、友人から「コンテナ・シェアオフィス、作ってみない?」との誘いがあったのだそう。 「変わったオフィスにつとめてみたかった」から一つ返事でOK。456㎡の敷地内には、特大サイズの45フィート型(奥行が約14m、天井の高さは2.5m)がごろごろと5,6個並んでいる。まずはデイビッドのオフィスへ。 天窓のお陰で陽当たり抜群のここで、レイザー・カットの受注を受けて制作をしているそう。イベント舞台のデザイナーをしているという彼女と、一つのコンテナ・オフィスをシェアしている。 「私がこのコンテナ・オフィスをデザインするうえで一番こだわったのは、ドア。彼とケンカしたとき、絶対仕切るドアがいるじゃない?」 結構モノが多い… レイザー・カットの電気傘 内側に壁を張り、防音設備も整え電気を引き、"廃棄コンテナ"からオフィス完成まで要した期間は3ヶ月。

続きを読む