脱ベッドタウンには夜のコミュニティが必要 郊外に夜の活気をもたらす「一軒横丁」が普及する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

郊外住宅地には「夜の暮らしの充実」が必要だ | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」

吉祥寺駅JR北口前にある通称ハモニカ横丁(東京都・武蔵野市)。夜になれば、赤提灯のもとに老若男女がひしめき合う。私は、建築史家の倉方俊輔編『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』の倉方氏によるインタビューの中…

続きを読む

暗くて狭い「鉄道高架下」が人気化する必然 | 街・住まい

暗い、うるさい、狭い――。「逆三拍子」そろった鉄道の高架下ビジネスがにわかに活況を呈している。昨年11月にオープンした東京・東横線中目黒―祐天寺間にオープンした「中目黒高架下」には、蔦屋書店など大手か…

続きを読む