社交クラブ的コワーキングスペースの登場 「交流せざるをえない空間」の設計が求められる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「ただ机と空間をシェアするコワーキングではなく」27歳発、WeWorkと一味違う"社交クラブ的"コワーキング | HEAPS

従来のものは「ただテーブルや小部屋をシェアし、フリーランスやスタートアップが一つのスペースに共存しているだけで、本当の繋がりが構築できているようには思えない」。なので、「うちはコーワーキングスペースというよりは、ネットワークを広げるための社交クラブ」。手がけるのは27歳。WeWorkとは一味違う、ヤング・プロフェッショナルたちが求めるシェアオフィスとは? テーブルや小部屋をシェアするだけでは、コラボは自然発生しません。 「コワーキング・スペース」という言葉が注目され始めたのは2010年頃だったと記憶する。各々が独立して働きながらも、オフィス環境を共有することで、互いに情報やアイデアを交換しながら、業種を越えたつながりを構築できる新時代のオフィスとして紹介されていた。 だが、「実際のところは、フリーランスやスタートアップ企業が一つのスペースに共存しているだけで、それぞれの間に本当の繋がり生まれているようには思えませんでした」。そう話すのは、27歳の起業家ライアン・ウィルソン(Ryan Willson、米国南部のジョージア州アトランタ出身)だ。新コンセプトのコワーキングスペース「ザ・ギャザリング・スポット(The Gathering Spot) 」を手がける。 思わず、ライアンの言葉に深く頷いてしまったのには訳がある。HEAPS編集部もマンハッタンにある某シェアオフィスを利用しているのだが、場所柄、人の入れ替わりが激しいこともあってか、積極的な交流やビジネスコラボレーションが育まれることは少ない。ビジネス上のコラボが実現するかどうかは、結局はそこにいる人次第であり(そもそも全員が望んでいるわけではない)、コワーキングスペースはそのきっかけを提供してくれる場所にすぎない、ということだ。 "地元発"ならではの「社交クラブ」的オフィス 従来のコーワーキングスペースにおいてライアンが気づいたこと。それは、より安価で快適なオフィススペースを求めている人たち、と、コネクションやビジネスコラボレーションの機会を探している人たちが混在していること。「そこで僕は、後者にフォーカスした、社交クラブ的なコーワーキングスペースがあればいいのに、と思っていました」。

続きを読む

人の動きをシミュレーションし、健康的、創造的、生産的なワークスペースを実現する [Space Syntax Limited] | ISSUES | WORKSIGHT

Space Syntax(スペースシンタックス)という言葉をご存じだろうか。1970年代にロンドンで生まれた概念であり、空間のあり方を数学的に分析する手法である。空間内の人の動きをシミュレーションし、分析することで、最適な設計、レイアウトを予測することができるのだ

続きを読む