顧客体験が広告となり店舗はメディア化する 空きスペースを利用し広告する新たなマーケットプレイスの登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

27歳の"リテール界のエアビーアンドビー"CEOが狙う、小売業の革命とは?

"リテール界のエアビーアンドビー(Airbnb)"と呼ばれる「Appear Here」は、企業にポップアップ・ストアの場所をレンタルするスタートア...

続きを読む

店舗は販売の場所ではなく、広告の場所へ ── データドリブンな小売トレンド | FastGrow

前編では、従来の店舗ビジネスでは出店コストが大きすぎる点を指摘し、この旧来モデルを「小売1.0」と表現した。この課題背景を解決するために登場したのが、店舗を分割してブース貸しするモデルを展開する「Bulletin(ブルティン)」だ。この新業態を「小売2.0」と称した。後編では、2.0までを踏まえ、データ活用を軸に活躍する「小売3.0」のスタートアップ、さらにはコミュニティ要素を付け足した最新トレンド「小売4.0」の事例までも紹介していきたい。

続きを読む