大人数で暮らしていく、 生活をシェアする若者の共同生活

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

500世帯がひとつ屋根の下で?ミレニアルズを惹きつける"大規模"な共同生活スタイル「コリビング」 | HEAPS

情報も経験も、写真もオフィスもなんでもシェアしたがるザ・ミレニアルズ。じゃあ、住まいもシェアしたいって言っても、そう驚くことはないだろう。 自分だけの個室はあって、少人数でリビングルームやキッチン、バスルームを共用する「シェアハウス」という住み方は日本でもだいぶ浸透してきた。が、いま欧米では「アパート丸ごとシェア」の、大人数・大規模共同生活スタイルが「co-living(コリビング)」として注目を集めている。 Image via The Collective プライバシーはあるの? 帰宅してまで他の住人と交流しなきゃいけないなんてストレスじゃない? と決めるのはまだ早いかも。 今回紹介するロンドンとニューヨークの最新コリビングスペースはこれだ。 ロンドンのヤングプロフェッショナルは、賢くこう住む 今年5月、ウエストロンドンのウィルスデン地区に11階建ての大きな総合住宅が登場した。 Image via The Collective 市内でもカムデンやノッティングヒル、ハイドパークなどの地区にシェアアパートを展開する英不動産会社「The Collective(ザ・コレクティブ)」が開発した「The Collective Old Oak(ザ・コレクティブ・オールド・オーク)」という名のアパート。 部屋数550室を誇る、世界最大級のコリビング・スペースだ。 ターゲット層はずばり21歳から35歳の"働く独身ミレニアルズ"。 Image via The Collective この部屋のほとんどは、「Twodio(トゥーディオ)」と呼ばれる部屋プランであるのが特徴。「Studio(スタジオ。欧米ではワンルームのこと)」をもじった名称、どんなものかというと6畳ほどの個室に専用のバスルームがあり、一続きになったもう一つの個室の住人とキッチンをシェアする形だ。 Image via The Collective 他には、バスルームもキッチンもプライベート仕様のワンルームやリビングもプライベートなワンベッドルームなどの部屋プランがある。 Image via The Collective Image via The Collective 各階には30から70人が住んでおり、大きなキッチンやダイニングテーブル、ラウンジなどを共用。 Image via The

続きを読む