スキルと自分の必要なモノを交換して生活する、 現代版わらしべ長者の登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「アクティブなホームレスになりたい!」ライター、写真家、大工…自分のスキルを無償提供、全国バン生活のおじさんが目指す「自分シェアリング」への道 | HEAPS

近年、自ら、積極的に家なし(ホームレス)生活をする人が急増中?らしい。家なしで全国をまわる坂爪圭吾さんや、自分の1日を50円で売るホームレス小谷(こたに)さんなど、若い世代があえて"定住場所のない生活"を選んでいるという。 そしてここにも一人。あるおじさんが"アクティブなホームレス"になろうとしている。 そのおじさんとは、新井由己(あらいよしみ)さん、51歳。20年近くライター・フォトグラファーとして、全国津々浦々取材に出かけ、戻ってきては雑誌の記事や本にまとめる生活を送ってきた。 自宅と取材地の往復生活のなかで、「ひとつの取材だけして帰るのはもったいない。その土地に出かけたら、前から気になっている人やレストランも取材したい」と思った新井さん。 「自宅に戻る必要はない」、と2014年秋には軽バンの屋根にソーラーパネルを取り付け、自宅兼仕事場に改造し約4ヶ月間の取材旅行へと発った。 今回クラウドファウンディングに踏み切ったのは、「自分シェアリング」をはじめるため。 「自分シェアリング」とは、文字どおり自分自身をみんなにシェアすることで、物々交換とは異なり、見返りを求めず自分ができることを他人にしてあげることを指す。 新井さんは、本業のライター・フォトグラファー以外にも、大工仕事、ウェブデザイン、楽健法という足を使ったマッサージなど自分の特技を無償で提供し、ダーナ(寄付)によって成り立つ暮らしをスタートしようとしている。 現在の軽バンではネジ類や電気・水道の部品など大工道具の積み込みができないため、新たなトラックハウス作りに資金が必要となるわけだ。 従来の社会規範に収まらない半生の中で培ってきた知識と経験を生かし、「お金がなくても生きていけること」「定住しない生き方」を体現する。住所不定の"アクティブ・ホームレス"おじさんは新しいライフスタイルを提示するだけではなく、カネ、カネ、カネに捉われがちな現代人を本来あるべき人間の原点に立ち帰らせてくれる。 可愛い子、そしておじさんには旅させよ。アクティブなホームレスおじさんへのダーナ(寄付)はコチラから。 ----------- Text by Shimpei Nakagawa

続きを読む

「エベレストでレストランはじめます」名門やめた"ホームレス"シェフの大胆で斬新すぎる食卓とは? | HEAPS

読み間違えかと思った。しかし確かに、何度読んでも「エベレストにレストラン作ります」。 ヒマラヤ山脈の標高およそ5300メートル地点で、ポップアップレストランをオープン。 前代未聞、私たちの度肝を抜くシェフたちがいた。 2年間"ホームレス"のノマドシェフ。名店辞めて、世界旅へ 仕掛け人はイギリス人シェフ、James Sharman(ジェームス・シャルマン)。若干25歳の彼が、ポップアップレストラン・プロジェクト「One Star House Party(ワン・スター・ハウス・パーティー、以下、OSHP)」を率いる。 写真左がジェームス OSHP、ただのポップアップではない。彼らの目的は「20ヶ月・20ヶ国・20のレストラン」。つまり約2年間かけて20ヶ国を飛び回り、20の期間限定レストランをオープンする、という未だかつてないユニーク極まりないプロジェクトなのだ。昨年12月に成功したエベレストレストランは、OSHPの一環だった、というわけ。 「ぼくらの世界一周は、"ビーチサンダルにサングラスでぶらぶら放浪記"なんてものじゃない。スーツケースにはブレンダーにポット、フライパンが入っているんだ」 まさに"ノマドシェフ"のジェームス、実は有名レストランの元シェフ。25歳にして、デンマーク・コペンハーゲンにある世界トップクラスの名店「NOMA(ノーマ)」で働いていたのだが、あっさりと半年で辞めてしまった。理由は「毎日同じ寝床に戻るのがつまらなくなってしまった」から。料理の若き天才、考え方も奇抜で突飛すぎる。 アメリカや韓国、台湾でポップアップを実行した後、彼は思いついた。「20ヶ月・20ヶ国・20のレストラン」をやろう、と。「2年間ホームレス生活になること」に賛同したシェフ友だち4人と昨年9月に中国・北京からスタートし、10月はベトナム・ホーチミン、11月はタイ・バンコク、12月はネパール・カトマンズに滞在、期間限定店を開いてきた。 テーブルや薪を抱えてエベレスト登山 「ネパールのどこにポップアップレストランを作ろうか計画していたとき、『エベレストにしよう』なんて誰かが言い出したのさ」

続きを読む