日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

エンターテイナーに転身するシニアのセカンドステージ

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

じじい・ばばあのギャングスター。老人が握るスプレー缶 | HEAPS

寂れた街のストリート、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが壁一面を埋め尽くしている。 Graffiti(グラフィティ)。通例のアートとは乖離(かいり)し、社会に対する不安、人種差別や貧困を訴え、そして自らの存在意義などを表現するグラフィティ。 さて、これを定年を越えたじいちゃん・ばあちゃんがやっているとしたら。 場所はポルトガルの首都リスボン。サングラスにマスク、手にはスプレー缶を握り、mural(壁)へと殴り書きだ。 きっかけは、じいちゃんばあちゃんからの"質問攻め" しわしわの顔でにこにこ。はたまたにやり。活気に満ちあふれ、その顔を輝かせてスプレーを壁へと大胆に吹きつけるじいちゃん、ばあちゃん。 「LATA 65」という、不定期に開催されるワークショップがある。主催するのは、Lara Rodrigue(ララ・ロドリゲス)含む数名のグラフィティアーティストで、「老人たちがグラフィティを描く為のワークショップ」だ。 なんともユニークなアイディアだが、ひょんなことから生まれたらしい。 「私たちは、ポルトガルのグラフィティシーンをより広げる為、WOOL-Covilhã Urban Art Festivalというのを毎年開催してるのだけど、ペインティングについて数多くの質問が寄せられました。その多くが、驚くことに"老人の方々から"だったんです」 ならば、自分たちで体験してもらいましょう、と最初の計画をコーヒーショップでざっくりと立て、その2週間後には第1回目を開催。 「LATA 65」。LATAはポルトガル語で缶を意味し、つまり"缶を握るオーバー65(定年退職を迎えた高齢者)というところだ。ララはLATA65の意義を、確信を持って話す。

続きを読む