日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

食は“真面目な議論をする場“を作りだすツールに変化 食育も地域視点からグローバル視点へと変化する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

毎回人気は「居心地の悪いディナー会」。ナイフとフォークで切り込むタブー、笑えない食卓がいま必要なワケ | HEAPS

仲間と囲むディナーテーブル。せっかくの楽しい時間をどんよりさせたくないからと、選ばれるのは比較的明るい話題じゃないだろうか。タブーといえば、他人の悪口や社会・政治問題(特に海外では。宗教は持ち出しご法度)といったところか。 そんな当たり前の認識をちゃぶ台返しのごとくひっくり返すディナーイベントがはじまったという。飛び交う話題は、明るくもなし笑いが起きるものでもない。その食卓についたなら、とあるタブーの話題を話さなくてはならない。 Photo by Moyo Oyelola トピックは、「人種問題・経済格差」。そのディナー、"居心地が悪い"? そのトピックとは、「アメリカが抱える黒人問題」。食事をしながら、黒人が直面する現実を語り合うというのだ。異色のディナーシリーズは「Blackness in America(ブラックネス・イン・アメリカ)」、主催者は、ニューオーリンズ在住ナイジェリア人シェフTunde Wey(ツンデ・ウェイ)、32歳。 Photo by Kasimu Harris 今年3月からスタートし、ツンデが全米都市を回り各地のレストランやコミュニティセンター、イベントスペースを会場にするポップアップ形式をとる。 Photo by Kasimu Harris 毎回40人ほど集まる参加者の大半がアフリカ系アメリカ人。ツンデが作る、ジョロフ・ライス(トマトと炊き込んだスパイシーライス)やフライド・プランテーン(青バナナのフライ)、ペッパースープ、パフパフ(ドーナツ)などのナイジェリア伝統料理に舌鼓を打つ。 が、くどいようだがそこを飛び交うのは「黒人について」。白人警官による黒人射殺事件、白人との経済格差、ブラックフェミニズム、黒人のLGBT問題、人種隔離政策などの黒人史。食事の席にしては少々重い、アメリカの現実問題だ。 「要は、『黒人としてアメリカで生きること』について思うがままに話し合うのさ」 Photo by Kasimu Harris シェフ、フーディーカルチャーに疑問

続きを読む