日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Instagramが人材マッチング市場として機能する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

増える"フリーランス"のデリバリー。 | HEAPS

「誰か、ちょっとアレ買ってきて」を叶えるデリバリー屋 デリバリーという仕事。それはかつて、ピザ屋にはピザ屋の、そば屋にはそば屋の専属の「専属の運び屋」だった。だが、2012年創業「Postmates(ポストメイツ)」の出現により、"誰もが"空き時間にできる仕事になってきている。つまり、フリーランスのデリバリーが急増しているのだ。 一見、自由な働き方を助長し雇用創出をしているようにもみえる。だが「ちょっと昼飯、買ってきて」と気軽にお使いを頼む利用者と、「はい、よろこんで」と飛脚になる配達員の関係って…。あれ?使うものと使われるもの。なんだか悲しいヒエラルキーがみえてこないか。 多忙な金持ちとナマケモノの金持ちは、500円払って他人にお使いを頼む時代 さすが資本主義国家、米国。豊かな生活をサポートしてくれるサービスを「お金で購入」する人は多い。その人たちを「ナマケモノ」と嘲笑うか、それとも仕事をくれる「ご主人様!」とおだてるか…。 Postという好きな時間に何でも届けてくれる便利なデリバリーサービスは、2012年にサンフランシスコで誕生し、瞬く間に全米各都市に広がった。現在のサービスを展開している配達地域は、発祥のサンフランシスコから、ニューヨーク、ワシントンDC、シアトルなど。人口密度が高く、高所得者が多い地域がターゲットで、ローカルな中小店舗と地域の消費者を結びつけた「1時間以内の即配サービス」がウリだ。 利用者は、Postmatesの専用アプリをダウンロードし、スマートフォンから店を指定して注文をする。すると、配達員が該当の店まで商品を取りに行き、注文者の自宅やオフィスまで、およそ1時間以内に届けてくれる。GPSで配達員の現在地を知ることもできる。配達料は距離に応じて5〜18ドル(約600〜2,200円)の設定。 なお、配達員へのチップは任意である。 働きたいときだけ働く、自由な高時給バイト。正社員の副業としても人気? ニューヨークで同社の提携先として目立っているのは飲食店。2015年春には、あのマクドナルドやチポートレ(メキシカンチェーン店)など、米国メガチェーン店との提携を発表し飛ぶ鳥を落とす勢いでビジネスを拡大させている。

続きを読む