日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

入れておいて発酵させることの出来る 持ち運び容器需要が増加するかも知れない。

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人には「夏ならではの甘い飲み物」は目新しいはず。特に気になるのは、酒粕ではなく、麹と水で作る甘酒です。ビタミンやアミノ酸のほか、100種類以上もの酵素を含み、滋養豊富。夏にぴったりの飲み物なのです。ただ、市販の甘酒の多くは味の変化を防ぐために加熱殺菌(火入れ)をしています。そこで、酵素を生かすため、自分で作る「生甘酒」の登場です! 書籍『酵素いきいき生甘酒  ノンアルコール、ノンシュガー、麴でつくる ドリンク、スイーツ、ひんやり料理88』…|2016.06.30 井一美穂

続きを読む