ティーンは「時短朝食」より「ガッツリ朝食」

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

アボカドトースト提供するので「家買わない?」ラグジュアリーホテル「Airbnbと同じ金額です」住宅とホテル、若者とヨリを戻せるか | HEAPS

「買い時なのに、なぜ買わない?」。若者のマイホーム離れが叫ばれて久しい。いまなら安いよ! と言ってもダメ。ミレニアルズは、モノにお金を使わないのか—と思いきや、どう考えてもコスパの悪い「アボカドトースト」には夢中。だったら「マイホーム購入の特典に、アボカドトーストを無料でつけるってのはどうだろう」。とある米国の企業は真剣にそう考えた。 日々のアボカドトーストか将来の家か「迷わなくていいですよ」 若者のマイホーム離れに業界は悲鳴をあげてきた。そんな中「うちで住宅ローンを組んだら、あなたの一ヶ月間分のアボカドトーストを保証しますよ」という、冗談みたいなキャンペーンが注目を集めている(ここ数年、米国でアボカドトーストは絶大な人気を博しており、ブランチをやるならこれを外してはならない)。その不思議な7月限定キャンペーンを行っているのは、米国サンフランシスコに拠点をおく、ミレニアル世代の高所得者向けオンライン融資を手掛ける会社「SoFi(ソフィ)」。 「奨学金、学生ローンすら返しきれていないのに、家なんか買えるか、ボケー!」。そんなミレニアルズたちの声が聞こえてきそうだが、ソフィはこう返す。 「いえ、あなたたちは買えます。私たちはそう信じています。しかも、頭金が払えるまでの間も、アボカドトーストを諦めなくていいんですよ!」と。アボカドトーストは、トレンドフードであり、ミレニアルズの大好物だが、家を買うこととアボカドトーストにどんな関係あるのか。 きっかけは、今年の春に、オーストラリアの不動産ミリオネア、ティム・ガーナー(35)が「ミレニアル世代は、アボカドトーストを食べるのを止めるべきだ。そして、家が買えるようにお金を貯めるべきだ」「私が最初の家を買おうとしていた頃は、アボカドを潰してトーストに塗っただけものに19ドル(2,200円)も払ったり、一杯4ドル(約470円)のコーヒーを一日4杯も買ったりしなかった」などと発言したことに遡る。マイホーム+アボカドトーストキャンペーンは、彼の発言にインスパイアされて思いついたそうだ。

続きを読む

多忙なビジネスマンこそ朝からホルモン焼肉をキメた方がいい【滋養強壮】 - メシ通 | ホットペッパーグルメ

おはようございます。メシ通レポーターの長谷川です。 連日の残業で体も心もヘトヘト。 これから会社というのに、ダルくてまったくやる気が起きません。 そんな時にオススメしたいのが…… 朝活ならぬ朝ホルモン。 朝からホルモンなんて、胃がびっくりするだろ! なんて声もチラホラと聞こえてきますが、栄養たっぷりのホルモンは、実は滋養強壮・疲労回復にぴったりの食べ物。 朝からホルモンを食べて、結果を出せるビジネスマンを目指しましょう。 そんなわけでやってきたのは、炭火七輪焼肉「ホルモン本舗 炎 上野駅前店」。 朝ホルモンを行うには、通勤前の朝に営業しているホルモン屋さんを探すことが大切。繁華街でも、5時閉店…

続きを読む