自由に肩書きをもって自由に“好き”を表現する大人の増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

ようこそ、僕の妄想世界へ。"いい大人"の目論見詰まった秘密基地 「KidSuper」 | HEAPS

ブルックリン、サウスウィリアムズバーグ地区。まだスラム臭がほのかに残る、このちょっとくすんだエリアに、パステルブルーの一際目立つ一軒のショップがある。噂に寄ると「アパレルショップ」らしい。らしい、というのもこの店、シャッターはほぼ毎日閉まっており、ドアにも鍵が掛かっている。一体いつ営業しているのか。そんな謎めく店、「KidSuper」に連絡を試みること数回、「いつでも来ていいよ」との返信が来たので、いざ、潜入。 家全体が、「自由すぎる大人の遊び場」 出迎えてくれたのは、壁一面に自由奔放に描かれた色とりどりのアート。ビリヤード台の上にディスプレイされた洋服や小物を見る限り、ふむ、イマドキのアパレルショップだ。 「いま片付けるからちょっと待ってて」と、オーナーのカルロム・ディランが出てきた。声からして恐らく「電話するまで寝ていた」のは間違いない。「いつでも来ていい」などよくいえたな…と思いながらも連れて行かれるままに店を見て回る。 地下には、大量の洋服とガラクタのようなものが大散乱。制作途中の作品が散らばり、床にはスプレー缶が転がっている。奥には薄暗くて小さな個室があり、その中にマイクが見える。アートワークスタジオとレコーディングスタジオのようだ。 「次はこっち」と、さらに連れて行かれた裏庭にはサッカーフィールド、手前に自身とゲスト用のベッドルームが二部屋。これはただのアパレルショップではなさそうだ...アトリエ、いや秘密基地といった方がしっくりくる。なんとすべて彼の手作りというから驚きだ。この男、一体何者か。 「僕?僕はね、アーティスト。それに、デザイナー、ディレクター。あとコメディアンだし、志の高ぁーいモデルでしょ、大工、スーパーヒーロー、自伝専門の小説家...はは、半分以上は冗談ね」と、いい大人が無邪気に笑う。 「FUCK FASHION!! FUCK TREND!!」"ファッションもトレンドもくそくらえ!"

続きを読む