仕事場所が働く場所から健康を管理する場所へ オフィスは社員が生活の一部を委託する場所に変化する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

食事記録は10億件 ネスレ、資生堂が注目する減量アプリの凄み

従業員20人ほどのベンチャー企業ながら、ネスレ日本、資生堂、マツモトキヨシといった大企業に欠かせない連携先となっているのがウィット(東京・新宿)だ。10万種類にも及ぶ料理データと250万ユーザーが記録する日々の食事データが、多彩な健康関連サービスを生み出すための土壌になっている。

続きを読む

近くの飲食店を社員食堂にする「green」がローンチ、導入・運営コストは社食の1/100 | TechCrunch Japan

福利厚生事業を手掛けるtogoは2月20日、社員の健康に配慮した社食シェアリングサービスの「green」をローンチした。

続きを読む