日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

日本語を話せないほどよい距離感 サービスの継続利用の鍵は購買における精神的な自由

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

"家事代行は日本人より外国人"という本音 継続的なサービスは"距離感"が重要

あなたはどんな人なら「家事代行」を頼みたいだろうか。2014年に創業した家事代行サービス「タスカジ」の場合、サービス拡大の契機となったのは「日本語があまり得意ではない外国人」を集めたことだった。なぜ日本人より外国人など海外出身者が人気となったのか。背景には「ほどよい距離感」という付加価値があった――。

続きを読む