昼夜で役割が変わるコワーキングスペースの登場 日中の不稼働時間を有効活用することで飲食店の収益性向上へ

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

仕事はレストランで 広がるコワーキング:朝日新聞GLOBE+

米サンフランシスコにあるレストラン「エリートカフェ」。店内のバーは満席だった。けれど、バーテンダーがいない。シャンパンスタンドは空っぽ。飲み物のタップはラップで覆われていた。その代わり、あちこちからパソコンを打つ低い音が響いている。そ...

続きを読む

コワーキングスペース化が進む、米ショッピングモール:空きスペース問題解消のため | DIGIDAY[日本版]

ショッピングモールの運営を手がけるマセリッチ(Macerich)が、米国各地にある空き店舗スペースの再活用に乗り出した。ターゲットは、ミーティング、ポップアップストア、バックオフィス業務などに利用できる場所を求めている企業だ。

続きを読む