空きスペースをポップアップストアとして貸し出す ブランドを体験できる場としてのオフィスの活用

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

オフィスをブランドに解放する、エージェンシーらの狙い:期間限定店をめぐるウィンウィン | DIGIDAY[日本版]

ポップアップショップはブランド各社、特にeコマースのブランドにとってカスタマーと長続きする関係を築くための手段となっている。ここで問題となるのが、その空間を用意するコストがかさむ点だ。この対応策として、クライアントのポップアップショップのために自社オフィスを提供する広告エージェンシーが増えている。

続きを読む

空っぽの商業スペースをシェアスペース付ミニマル住居に。モジュラーハウスシステム「Vivahouse」

昨年、画期的な試みがロンドン・ベイズウォーター地区で行われました。Design Haus Liberty社が組み立て式プレハブの家、Vivahouseを「未来の都市の家」として、短期ポップアップで公開

続きを読む