日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

「持続可能な農業へ」というビジョン クラフト技術によりサステブルな社会を目指す

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

はじまりはパタゴニアからの"突然の電話"。タッグを組んだHUB、「完璧な缶ビール」を生むまでの試行錯誤 | HEAPS

昨年10月、パタゴニアが初のビール「ロングルート・エール(Long Root Ale)」をオレゴン州ポートランドのブルワリー「ホップワークス・アーバン・ブルワリー(HUB、以下ハブ)」とのコラボで販売開始。日本でもクラフトビール好きの間で大人気だと聞く。 が、気になるのは「いかにしてこの多年草のビールがつくられたのか」。一本の電話からはじまったというビールづくり、それを請けおった醸造所ハブへ、根ほり葉ほり聞きに訪ねた。 農業変革、ビールが投じる一石 食物連鎖を修復するための解決策を探る、という試みではじまったパタゴニアの食品部門「パタゴニア・プロビジョンズ」。そこが手がけた初のビールが、「ロングルート・エール」だ。青いロング缶に入ったこの商品は、日本でもクラフトビール好きの間で大人気だとか。ドライで苦味の効いたノースウェスト・エールは、素直に美味しい。 Photo by Amy Kumler サステナブルだと謳う理由は、材料に「カーンザ」という多年草が使われているから。商品名にもなっているように、長い根(ロングルート)をもつ植物で、使用する水の量を削減できるのはもちろん、土壌の保水力を高め、大切な表土を保ち、土地を豊かにする力があるという。 さらに、大気中から麦よりも多くの二酸化炭素を取り込んでくれるんだそうだ。つまり、ビールの主原料、麦芽(モルト)の元となる一年草の麦をカーンザに置き換えれば、それだけで温室効果ガスの排出量が減少できるということ。ここに「持続可能な農業へのビジョン」を探ろうという、パタゴニア・プロビジョンズの姿勢が見える。ロングルート・エールの素材15パーセントが、カーンザでできている。 Photo by Jim Richardson パタゴニアに選ばれた、少年が夢を叶えた小さなブルワリー パタゴニア・プロビジョンズがパートナーに選んだ「ホップワークス・アーバン・ブルワリー(HUB、ハブ)」は、ポートランド市内にある醸造所。2008年の創業以来、現在は2軒のブルーパブとバイクバーを経営する地元っ子に人気のビールメーカーだ。サステナビリティにも力を入れていることで知られ、環境に配慮した事業活動を行う企業に与えられる民間認証「Bコーポレーション」認定も受けている。

続きを読む