これからのCMは、見る人によって内容が変わる VRとARを用いて、視聴者にカスタマイズされたCMが流れるように

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

無印良品やFrancfrancも採用、インテリア試着アプリ「リビングスタイル」が2億円調達 | TechCrunch Japan

店頭で「インテリアの試着」 インテリア選びの失敗でありがちなのは、「部屋のサイズに合わない」「他の家具と相性が合わない」のどちらかだろう。こうした問題を解消すべく、3Dシミュレーターを使って接客する家具販売店が増えてきた。 タブレットやスマホを使って来店者の部屋の間取りを作成し、店頭で売っている家具を配置す..

続きを読む

友人とVRでファッションショーを見ながらショッピング、KABUKIが挑む未来型ECサービス | TechCrunch Japan

2016年はVR元年と言われている。今年10月にはPlayStation VRも発売され、一通りのVR向けハードウェアが出揃う。けれども、VRが本当に立ち上がるためにはVRコンテンツが鍵となる。徐々に360ChannelなどのVR番組やゲームといったエンターテイメント領域でのコンテンツが立ち上がる中、KABUKIが..

続きを読む