#005 ドクターシューマー

¥220,000 (税込)

ヘルスケア消費の今後 ~ドクターシューマーのライフスタイルを読み解く~

科学技術の発展は、健康・ヘルスケア業にも波及し、高度技術を利用したプロダクトが数多く生まれている。 人間が生きるために必要な栄養素を過不足なく備えた完全食や、DNA型を分析して、望ましい生活習慣や気をつけるべき疾病などを把握するツールなどがその代表だ。 生活者の側にも、このようなプロダクトを仕組みのレベルから正しく理解し、健康を追求・増進しようとする、医者や博士顔負けの知識を持つ層が現れてきた。彼らのバックグラウンドは、そもそもそのような技術や理論に親和性の高い高学歴層から、美容への興味が高じた女性まで様々だ。彼らのような、最先端の技術と自らの生活の双方に高い関心を持つ生活者は、次に何を好み、どのような製品・サービスであれば手に取るのか? 健康・ヘルスケア業界はもちろんのこと、食品・飲食業界にとっても示唆の多いレポートになっている。一人で食べる健康的な食事やおいしくても罪悪感のない食事など健康志向の高まりを反映した食体験のデザインへのヒントが数多く示されている。 COVID19の感染拡大によって消費者の健康意識が一層高まっている中において本レポートはより有効性の高いものになるだろう。