サステイナブル包装の登場によって ダンボール配達の動向に焦点が当たる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

オンラインショッピングの"包装"めぐる二派〈素晴らしき開封体験か、エコか〉ECが用意すべき次の選択肢 | HEAPS

いまやオンラインショッピングは日々の暮らしに欠かせないものになっている。定期購入も含め、オンラインで注文した商品を月に4回以上受け取っている人も少なくないのではないだろうか。商品を受け取るときにもれなく付いてくるのが梱包箱(パッケージ)で、これについて2つの対極の流れが生まれている。 一つは、梱包箱も顧客にとって大切な買い物体験の一部であり、また強豪との差別化をはかるためにも「商品と同じくらいデザインにこだわるべき」という考え方。もう一つは「そもそも使い捨ての箱なんかなくしてしまえ!」という環境への配慮を優先した考え方。たかが梱包箱と思いきや、これがなかなか売上げに影響するらしいとくると一筋縄ではいかない話だ。 自宅でひとり小包を開封。それだけのことがスペシャルな買い物体験になる時代 そもそも、ネットで商品を注文をしたのは自分なのだから、箱の中に何が入っているかはだいたい想像がつく。むしろ「開けてびっくり」するようなものが予告もなしに届いたら、それはそれで困る。 いまほどオンラインショッピングが当たり前になる前は、どのブランドも消費者が注目した商品をできるだけ速く、かつ破損などせず良い状態で届けられればそれで御の字だった。しかし、AmazonなどのEC業界大手が全体のシェアを牛耳るようになり、小規模なECブランドは、大手とは違う新しい付加価値を模索しなければならなくなった。 小規模なECブランドは、Amazonのような大手と価格競争をするためのリソースや、安価で効率的な配送オプションを顧客に提供できるだけの余力はない。そのため利便性以外の分野、つまり差別化するためのブランディングや顧客ロイヤリティを高めるための対策を強化することで勝負するしかないというのが現状。その手法の一つとして注目を集めているのが、梱包パッケージの見直しだ。EC大手と同じような味気ないダンボール箱ではなく、ブランドらしさを反映したユニークなデザイン、そしてギフト包装のような特別感の伝わるものに変えることで、顧客や潜在顧客とよりパーソナルな関係を築くことを狙う。 それぞれのオンラインブランドにあったカスタムのパッケージを作るルミ。出典:

続きを読む

テラサイクル、サステナブル意識の高い大手企業と共に、一般消費財のごみゼロを実現する新しく便利なショッピングプラットフォーム『Loop』を世界経済フォーラムにて発表

テラサイクルのプレスリリース(2019年1月25日 18時15分)テラサイクル、サステナブル意識の高い大手企業と共に、一般消費財のごみゼロを実現する新しく便利なショッピングプラットフォーム『Loop』を世界経済フォーラムにて発表

続きを読む