日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

オフィスにおける健康管理は 個人の責任からチームのKPIへ

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

AIがオフィスの健康管理にもたらすイノベーション?「健康経営」をチームで実現する新サービス | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

「体が資本」、昔からよく聞く言葉だが、これはビジネスにおいてももちろん当てはまる言葉だ。近年では従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その改善を実践していくことで従業員の健康増進を実現し、生産性を向上させる「健康経営」という言葉を聞くことも多くなってきた。 一方、AIの進化はとどまるところを知らない。現在では、さまざまな分野でAIが導入されているが、この健康管理にもAIが導入され

続きを読む

データドリブンウェルネスで、中国のオフィスにワークライフバランスを持ち込むSPIRIT | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

中国人は働き者であるというのは広く知られていることである。この文化が急激な国の経済発展に大きく寄与したという正の側面もあるが、一方で労働時間の延長によって全国規模の健康問題という結果にもつながっている。しかしながら、「996 制度(編注:週6日朝9時から夜9時まで勤務という条件で働く)」のような極めて高い生産性を持つ会社が勝者となる国では、雇用主、特に企業が従業員の健康とウェルネスにますます関心を

続きを読む