ホルモン分泌を自ら管理する生活者が登場する

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

30代女子は自分の身体と向き合いたい~子宮ケアという新しい発想 | Grapps(グラップス)

「疲れやすくなった」「体がだるくてしょうがない時があ30代になってガクンと不調を感じた方も少なくないのでは? 女の大厄は33歳。厄年は体の変わり目で病気になりやすい年をもとに定めた、というのも頷けます。子宮ケアの一番のコツは「冷やさないこと」助産師さんは耳が痛くなるくらい「冷やすと難産になるよ」と女性に言います。

続きを読む