日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

インスタント食品の罪悪感を消すために 日本料理の小鉢文化を活かすシニアが増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「インスタント感」を消去。職人が作るカップラーメン専用カップ | ROOMIE(ルーミー)

カップラーメンのインスタント感を決してくれる、「ささやか」から5月末に発売される「CUP MEN CUP」を紹介。「忙しくて夜ご飯はカップラーメンにお世話になることも多い」というひとり暮らしの人は、器だけでも移し替えてみてはどうだろう。きっといつものカップラーメンを食べる気持ちと変わるはずだ。

続きを読む

カップヌードルをなぜお椀で? 「罪悪感」に商機あり

日清食品が小世帯のシニアをターゲットに「チキンラーメン」と「カップヌードル」ブランドから“お椀で食べる”をコンセプトにした袋麺「お椀で食べるシリーズ」を発売。その狙いは?

続きを読む