袋ごと食べることで、開封する手間を省くパッケージの登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「袋まで食べられます」パッケージを"海苔"でつくる?プラゴミ問題、解決のキーは余って捨てられる海苔 | HEAPS

半年ほど前に「プラスチックでできた海苔」という中国発のデマ動画が話題になったが、今回の「海苔でできたプラスチックの代替品」話は、デマではない。 そして、この海苔でできたプラスチックの代替品、環境問題と貧困問題の両方の解決策となるポテンシャルを秘めているらしい。 見た目はプラスチック(ビニール)なのに、食べられちゃう?海苔の新たな活用法 ビニールのレジ袋をはじめとするプラスチックゴミによる環境汚染は深刻だ。「海洋に流出したプラスチックゴミの量は、中国に次いで僕らの国が世界第2位なんです」。そう話すのはインドネシアのミレニアル起業家、デイビッド・クリスチャン。彼はインドネシアで豊富に採れる海苔を活用し「海苔でできた食べられるパッケージ」をビジネス化し、プラスチックゴミによる環境問題の解決を試みる。 以前、プラスチック製の商品パッケージを一切なくした「パッケージ・フリー・ショップ」を紹介した。今回の海苔でできたパッケージも、環境や生態系破壊につながるプラスチック製のパッケージをなくすというゴールは同じ。だが、前者はリサイクルやリユーズにフォーカスした取り組みであり、今回の"食べられる"パッケージは、使用後も環境破壊につながらず、さらには「価値のあるものかどうか」に焦点をあてたものだ。 これが、海苔でできたケミカルフリーの「食べられる」パッケージ。デザイン・開発するのが、デイビッドのスタートアップ「エボウエア(Evoware)」だ。 見た目は従来のプラスチック包装と変わらない。ブランド名がプリントされていて、デザインもおしゃれだ。それでいて「袋ごと食べられちゃう!」という意外性を含んだ新体験に人々は興味津々。気になる味だが、私たちが普段食している海苔の「磯っぽい」味はなく「限りなく無味」とのこと。口にした感じはデンプンでてきたオブラートのようなものだと思われる。「海苔は、ビタミンや食物繊維を豊富に含んでいて栄養価も高い。そしてハラル(イスラム法上で食べることが許されている食材や料理。イスラム教徒が多いインドネシアでは重要なポイント)です。食べて損はありません!」。そういわれると、破って捨てるのが勿体ない。

続きを読む