日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

モデルハウスをカフェとして使用する時代の到来。

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

日本にも続々登場。既存のビジネスをぶち壊す「無駄」に目をつけるサービス3選 | NEUT Magazine

今まで無駄になっていたあなたの資産を使ってお金を稼ぐ。 欧米で定着しつつある「シェアリングエコノミー」の本質はここにある。 すでにUberやAirbnbを耳にしたことがある人は多いだろう。「シェアリングエコノミー」とはこれまで活用されていなかった既存の資産をインターネットを介して利用する新しいビジネス市場である。 今回、Be inspired!では、今最も注目されているシェアリングエコノミーサービス3選を紹介したい。 ①素敵なお家があなたのオフィスに Photo by styvshade 週5日働いている人の家は平日の間使われることがない。もしその空いたスペースを有効活用できるとしたら...? ノマドワーカーが比較的多いヨーロッパの街では今、個人の家をオフィスとして貸し出すサービスが注目を受けている。オフィスは借りたくないが普段と違う集中できるスペースで仕事がしたい、というフリーランサーにとってはありがたく、普段の仕事に加えておこづかい稼ぎがしたい家の持ち主にもお得。中には複数人数で共有できる家もあり、ワーカー側としてはコネクション作りの利点も見られる。(参照元:BBC) ②お気に入りのバーがあなたの新オフィス Photo by spektrograf 今NYで流行っているのはこちらも普段利用されずにいたスペースをオフィスに変えることに目をつけたビジネス。その使われていないスペースとは日中のバー。スペースが大きいため、ミーティングなどにも活用できる。バーならドリンクもついてくるが嬉しい。(参照元:SPACIOUS) ③都内のカフェがあなたのロッカー Photo by ecbo cloak 先月、ecbo cloakによって東京で始まったこのサービス。東京に観光に来たけれどホテルのチェックインは午後だからスーツケースが邪魔な時、荷物が邪魔なのに駅のロッカーにスーツケースが入らない時…。 Photo by ecbo cloak そんな時に大活躍なのがこのアプリ。登録されたカフェを事前に選び、荷物を預けることができるのがこのシステムだ。バッグが300円、スーツケースは600円。駅のロッカーと値段も変わらない。もうロッカーを探してスーツケースを街中引きずらなくて済む。2020年のオリンピックに向けて増加しつづける旅行者のためにも期待できるサービスだ。

続きを読む

ありそうでなかった、"ランドリー×カフェ" | HEAPS

Laundry Meets Cafe どんどん生まれる新しいアイデアビジネス。中でも今、注目を集めるのは2014年初春、イースト・ビレッジにオープンした「ランドリー×カフェバー」の二毛作ビジネスだ。その名も「The Wash House」。月々の家賃に数千ドル払っても「一家に一台の洗濯機」とはいかないニューヨークのランドリー事情を考えると、なぜ、今までなかったビジネスなのかが不思議。まさに「ありそうでなかった」新顔。その裏側と、若きビジネスオーナーの挑戦に迫る。 なぜ、人気?「+カフェ」のハイブリットビジネス The Wash Houseが注目を集める理由の一つに、「+カフェ」ビジネスであることがあげられる。家賃の高騰が激しいニューヨークでは、昨今どのビジネスアドバイザーも、「Every square inch of your space should make money(お金を生み出すのに、敷地内の1平方メートルたりとも無駄にはできませんよ)」 と、口を揃える。その改善策に、あまりスペースを要さない"スタンドカフェ"は、うってつけのようだ。自転車屋、洋服屋、床屋などの専門店が、店内にスタンドカフェを併設し二毛作ビジネスを始めるというケースが増えている。 そんな中、ランドリーという誰にとっても必要不可欠な生活習慣とカフェが「ひとつ屋根の下になった!」と、ニューヨーカーたちの間で話題に。それは目新しさというよりも、そのアイデアが、 今までのランドリーに対する"面倒臭い"という概念を180度覆すものだったからだ。 アイデアは日常生活から「なんとか楽しくならないの?」

続きを読む