人生経験に裏打ちされた会話が価値になる シニアが接客業で大活躍する社会

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

プロのいない名店「おばあちゃん料理店」。世界各国のおばあちゃんが厨房に集結、大人気の秘密は? | HEAPS

ニューヨークには星の数ほどレストランがある。それこそ世界から一流シェフが集結し、食通たちを唸らせるために日々皿が生まれてゆく。が、あるレストランのキッチンを回しているのは意外な人たちだった。厨房に並ぶのは、シェフ経験なしの賑やかな「おばあちゃんたち」。 "世界各国・おばあちゃんの台所"へ おばあちゃん料理店こと、「Enoteca Maria(エノテカ・マリア、以下エノテカ)」。 まさに「世界各国のおばあちゃん料理店」、一味も二味も他のレストランとは違う。10席ほどのこじんまりとした店内奥には、小さな厨房が見える。各国のおばあちゃんたちが、自慢の家庭の味をせっせと作る"おばあちゃんたちの台所"だ。シェフや元シェフは一人もいない。 提供されるのはもちろん多国籍料理だ。今日はルイザおばあちゃんのイタリア料理、明日はローザおばあちゃんのペルー料理、その次の日はヘレナおばあちゃんのチェコ料理…といった具合で日替わりのエスニック料理がメニューに並ぶ。 「エノテカは、国境なき世界のような場所だよ。多国籍の食を体験できるね」と迎えてくれたのはエノテカのオーナー、Jody Scaravella(ジョディ・スカラヴェラ)。「世界のおばあちゃん料理をレストランで」というコンセプトを生み出した張本人だ。 おばあちゃん子だったオーナーの"閃き" ありそうでなかった「おばあちゃん料理店」。一体どのように生み出されたのだろうか。オーナー、ジョディの過去に触れたい。 ブルックリンのイタリア系家庭に生まれた彼は、仕事で忙しかった両親の代わりにおばあちゃんに育てられた"おばあちゃん子"。シチリア生まれの彼女、ジョディにラザニアやパスタなど本場のイタリア家庭料理を教えてくれたという。 時はうんと流れ、最愛のおばあちゃんも天国へ逝ったあと。ジョディはエノテカを開店した。10年前のことだ。「おばあちゃんの味が恋しくてたまらなくて」。料理人に雇ったのは、プロのシェフではなく、普通のイタリア系移民のおばあちゃんたちだった。 「台所におばあちゃんやお母さんが立っている光景って、どことなくドリーミーでノスタルジックでしょう。料理の匂いや音がふわっと漂ってくる感覚さえ思い出せるようで」

続きを読む

英語を学びたい生徒とネイティブの高齢者をつなぐ、オンライン学習プラットフォーム | Techable(テッカブル)

近頃では、専用サイトやYouTubeの動画など、インターネットを介して学ぶオンライン教育が一般的になってきている。生きた語学を学びたいなら、やはりその言語を母国語とするネイティブと話すことが一番だろう。 ブラジルの「Sp...

続きを読む