日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

スキルを持つ者と持たない者の二極化へ スキルホルダーは稼ぎたい時に稼げるようになる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

レストランでは働かないし、店も構えない。「好きな時に好きな場所」で腕を振るう23歳シェフが成功しているワケ | HEAPS

「ポップアップ」。ひょっこり現れる、とでも訳そうか。 ポップアップ・ショップにポップアップ・イベント、それからいまシェフの間で人気なのが「ポップアップ・ダイニング」だ。 空きスペースを有効活用し期間限定で出店、SNSで告知し客を集める。店舗を構えないからローリスクで、若いシェフや高級有名店のシェフまで、気ままに不定期に、自慢の料理を振る舞う。 「単なるトレンドでしょ」と思うなかれ。 187ヶ国で利用されている世界最大のイベントチケットサービス「Eventbrite」の調べによれば、2014年には前年比から82パーセント増、「食品・飲料業界で最も急成長している分野」ともてはやされる。 自身のブランドを確立すべく既存の大手のレストランには属さず、ポップアップ・シェフがそのまま食ブランドを立ち上げるケースも増えているのだとか。 今回はその一人をニューヨークから紹介しよう。「ポップアップ・ダイニング」で生計を立てる若きシェフ。もちろん副業せずにこれ一本で、だ。 23歳、本職は"ポップアップ"シェフ、副業なし。 アートギャラリーがずらりと軒を連ねる、チェルシー地区のとあるビル。5人も乗ればぎゅうぎゅうの年季の入ったエレベーターのドアが開くと、すぐに現れたのはキッチンスタジオ。 「やぁ、いらっしゃい」。笑顔で出迎えてくれたのはTheo Friedman(セオ・フリードマン)。ポップアップ・ダイニングであり食ブランド「Theory Kitchen(セオリー・キッチン)」の創設者で、23歳を迎えたばかりの新進気鋭のシェフだ。 写真家である父の元フォトスタジオを受け継ぎ、当時の名残からアトリエ感が漂うキッチンスタジオは、「レストランじゃないよ。僕のポップアップ・ダイニング開催場所のひとつさ」と念押し。 お客を招いて食事会もすれば、自分の料理のアイデアを出したりもする。セオの"アジト"だ。 "同じメニューはサーブしない"をモットーに、お客が心地良く食事ができるロケーションと十分な参加者を招集可能なマーケットさえ揃えば、「好きなときに好きな場所で開催できる」のがセオのポップアップ・ダイニング。 「会場は僕のキッチンスタジオの日もあれば、裏庭やカクテル・ラウンジの日もある。参加者だってお一人様からカップルまで十人十色だよ」。

続きを読む