日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

”冷凍食品=栄養価が高くて効率的” を実現するフローズン食品の登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

"農場から冷凍庫へ"の「ファーム・フローズン」って知ってる?働く女性の新しい冷凍食品 | HEAPS

冷凍食品は、健康によくないというのは本当なのか?「いいえ。冷凍でもファーマーズマーケットと同等の栄養価と鮮度を保つことは可能です」。そう話すのは、ニューヨーク在住の起業家で2児の母、レイチェル・ドローリ。彼女が立ち上げた、冷凍食品の定期購入サービスが意識の高い女性たちに支持されバカ売れしている。なんでも、消費者の冷凍食品への抵抗感「それさえなくなれば『時短』と『健康』の両立は可能」なのだという。 有名セレブも「冷凍フードポルノ」なスムージーをサポート! 定期購入型のフードビジネス。そのビジネス自体に目新しさはないかもしれない。だが、激戦の定期購入フードサービスの中で急成長をみせているのは、消費者たちの何らかのニーズをすくいとっているからに違いない。人は「いいな」と思う感情に従ってモノを買う。そうした人の心を掴む価値ある体験をいかにして提供しているのか。 ニューヨーク生まれの「デイリー・ハーベスト(Daily Harvest)」がユニークなのは、ヘルシーブランドを謳いながら、一見ヘルシーと相反する「フローズンフード(冷凍食品)」で勝負しているところだろう。 スムージーブランドとしての創業したのは約一年半前、全米への配送をはじめたのは昨年から。オスカー女優のグウィネス・パルトローや、プロテニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズといった有名セレブリティたちが投資したことで注目を集め、現在は、スムージーの他、冷凍のスープやサンデーなども提供する。 インスタに載せてもかわいい冷凍食品 冷凍食品は手軽に食べられるジャンクフード。この「冷凍食品=健康によくない」という固定概念を覆すことが「もっとも大きな課題だった」と話す。冷凍食品のイメージを一新をはかり、ソーシャルメディアマーケティング、とりわけビジュアル戦略にも力を入れる。インスタグラムには、プロのフォトグラファーを雇いスタジオを借りて撮影したと思しきこだわり写真やGIFがずらり。フォロワー数はあっという間に100Kを越え、現在もその数を増やし続けている。 @dailyharvest こんなのも。

続きを読む