飲食店は、流動的な新規顧客獲得よりもファン獲得を目指し、 中長期的に売上やブランド価値を高める時代へ

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

月額980円で毎日1杯ドリンク無料、乾杯アプリ「GUBIT」が公開 | TechCrunch Japan

毎月980円を払えば、仕事終わりの1杯が毎日無料で楽しめる——GUBITが7月6日にリリースした定額制の乾杯アプリ「GUBIT(グビット)」は、お酒好きにはもってこいのサービスといえそうだ。 GUBITは会員登録をして月額980円(税抜)のプランを購入することで、掲載されている飲食店であればどこでも、毎日ドリ..

続きを読む

店ではなく"店員への評価"が可視化されるアプリ「terip」。評価経済社会で加速する個人の重要性 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

ユーザーが手軽に情報発信ができるようになった現代は、まさに個人の時代かつ「評価経済社会」と言えるだろう。SNSで商品やイベントの情報を発信していたことがきっかけで買い物やイベントに参加するユーザーも増えている。 このように「評価経済社会」では個人の発信者・ユーザーの評価が人々の消費行動を促す大きな要因になってきている。 このようなトレンドを背景に、企業もユーザーの評価について見て見ぬふりができない

続きを読む