日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ゴミは手放さず形を変えて自分の元に置いておく ゴミのリノベーションという新しい形

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

アルゼンチン生まれ、20本のペットボトルから作るエコレンガ | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

アルゼンチン中部に位置するコルドバ州アルタグラシア市のNPO団体EcoInclusionが、2017年にメキシコで開催されたグーグルチャレンジで最優秀賞を受賞した。この大会の目的は、社会にポジティブなインパクトを与える開発の推進だ。 現在、世界には解決すべき環境問題や貧困問題がある。LA NACIONによると、アルゼンチンでは毎日1200万本のペットボトルが捨てられており、リサイクル率はわずか15%だという。また、アルゼンチンに住む300万人が居住に適した家を所有しない貧困状況に置かれている。 EcoInclusionは、この問題解決に貢献すべくアルゼンチンの若者3人が2014年に設立したNPO団体だ。ペットボトルゴミ問題の削減を目標とし、ペットボトル20本からレンガを生産する。今回のグーグルチャレンジでの最優秀賞受賞の他に、これまで多くの受賞歴がある。 Image via EcoInclusion EcoInclusionの特徴は、地方自治体と民間会社と協力してペットボトルを集め、レンガをつくり、建材として使用するというペットボトルの循環モデルを持つことだ。街中にゴミ収集箱を設置してペットボトルを集め、工場に運んで粉砕し、セメントと添加物と混ぜてエコレンガをつくる。そして、エコレンガは地方自治体が建設する建物や個人の建物に建材として使用されるのだ。 この循環モデルには、以下の3つの目的がある。ゴミとなったペットボトルを使うという環境への配慮。労働を必要とする人々にレンガを生産するという労働機会をもたらす社会性。リサイクルの重要性についての人々の意識を高めるという教育である。 このレンガは特許と製造許可を取得済みだ。ペットボトルから作られたレンガは、土でできたレンガによく似た特性を持つが、より軽量でより優れた遮熱効果を持ち、そして何よりも環境に優しい。 20本のペットボトルから作るエコレンガ。プラスチックゴミから環境と社会に優しい連鎖をもたらす、とてもいい試みだ。 【参照サイト】EcoInclusion 【参照サイト】LA NACION (※画像:EcoInclusionより引用)

続きを読む

自分だけの"特別"をつくろう。バルセロナ発、100%リサイクルプラスチック素材のDIYサングラス | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

サグラダファミリアをはじめとした建築の巨匠ガウディの作品群で知られる、スペイン第二の都市バルセロナ。この芸術にあふれる街でサングラスブランドFOSが提供するのが、自分だけのオリジナルサングラスづくりを体験することができるワークショップだ。 完成した製品を見てみると、どれもカラフルで一つひとつ違った美しい色合いを持つ、スタイリッシュなサングラスばかり。しかしこのサングラス、ただのお洒落な製品ではない。実はすべて、100%リサイクルプラスチックでできているのだ。 Image FOS Image via FOS 2人のデザイナー、MarcとAniolの指導のもと行われる2時間のワークショップでは、まずそもそもプラスチックとは何か、どのようにリサイクルされるのか、また、持続可能な製品づくりとは何かについて学ぶ。そのあと参加者は、色とりどりの廃プラスチック片の中から好みの色を選び、専用の装置でフレームを作成する。プラスチック片の組み合わせや配合の割合により、完成品の色合いが変わってくるため、どれ一つとして同じサングラスはできない。 5色の中から選ぶことができるレンズは、UV400の高品質のもので、完成したサングラスは機能性も高い実用的な製品だ。FOSによると、彼らの監修のもとでは、これまでサングラスづくりをした経験やスキルがない人でも、「それなり」の製品ではなく、「トップ・クオリティ」の製品が作れるという。 Image via FOS また、このサングラスの特徴は、丁番やねじを含め、すべてのパーツがリサイクルプラスチックでできていることにある。そのため、役目を終える際は、再びそのままリサイクルすることができる。FOSのサングラスは永遠にゴミにならず、新たな製品に生まれ変わり続けるのだ。 近年プラスチックゴミが大きな問題になっていることは、誰もが耳にしたことがあるだろう。しかし、それに対して、実際に何か行動を起こしている人は一体どれだけいるだろうか。環境問題にはあまり興味がないけれど、ファッションが好きな人、ものづくりが好きな人、人とは違うことをしてみたい人。そんな人たちがそれぞれ違ったきっかけでサングラスづくりのワークショップに参加し、学び、自分の手でリサイクルサングラスを作り上げ、それを毎日自分で身につける。

続きを読む