日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

だれの目も晒されない おひとりさまストレス発散コンテンツの増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

こんなの待ってた。服装も不恰好も気にしない。だって暗闇だから!最新のヘルスケアは「暗闇ダンス」 | HEAPS

とある火曜日の仕事帰り、ブルックリンのある教会の地下にいた。薄暗い前方や後方に見えるのはゆらゆらと揺れる人影。耳には爆音が流れる。 なにかの儀式? それとも怪しい秘密会議? まあさっそく種明かしをしてしまうと、そこで開かれていたのは暗闇でのダンスイベント「No Lights No Lycra(ノー・ライツ・ノー・ライクラ、以下NLNL)」。といってもアミューズメントではなく、「とってもハードルの低いストレス解消ヘルスケアイベント」なのだ。 「何着ていく?誰と行く?」そんな気苦労はもうしない ヘルスケアといえば、ヨガやジム、エアロビ教室がある。でも、やってみようと思いつつなかなか無料体験に足が向かない、はじめてみたものの長続きしない。こんな経験、あなたにもないだろうか。 日頃のストレスを解消するために通うのに、いつしか「どんなウェアを着て行こう?」「上手くできなかったらどうしよう?」と、参加する前から気苦労したり、「みんな友達と来てる…。おしゃべりする相手もいないしはじまるまで何して過ごそう…」などと参加中だって困り顔。これじゃあリラックスできるどころか逆にストレスになってしまうこともある。 が、今回は汚いTシャツを着ていようが不恰好に踊ろうが気にしなくてすむ。だって、「暗闇」だから。 周囲の目も身につけるウェアのことも考えずに、いま着ている服のままひとりでさらりと参加できてしまうのが、この暗闇ダンスイベントなのだ。 オーストラリアで2009年に始まった同イベント、高い授業料を払って通う"ダンスレッスン"でもなく、クラブでお酒に酔わされながら踊る"ダンス"でもない、健康的でもっと肩の力を抜いた"ダンスイベント"を、と2人のダンサーが発起したもの。いまや世界各国70ほどの都市にまで広まっている。 「いいエクササイズになるわよ。1時間ランニングするのはきついけど、1時間のダンスなら楽しいじゃない ?」と話すのはLaura O'Neill(ローラ・オニール)。このダンスイベントをオーストラリアからここブルックリンのグリーンポイントに"輸入"、6年間毎週火曜の夜に開くオーガナイザーである。 彼女がぺたぺたとドアや壁に張っているのは、暗闇ダンスイベントの4ヵ条。 1.「踊らないで立っているのはダメ」 2. 「ブレイクダンスもダメ」 3.

続きを読む