建築など、大規模な事業へのDIYの進出

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

必要なのは現代日本の常識を疑うこと――予算180万円で家を建てる「超低コスト住宅」プロジェクト|Next Commons Lab|note

(文=モリジュンヤ/ライター) 地方は人を呼びこもうとする動きを強めている。地方創生の動きが各地で活発になり、田舎で暮らしたいという人たちが 実際に地方へと移住する人も少なくない。だが、地方に移住するというのは、課題も多い。そのひとつが、「物件の確保」だ。 地方には空き家や空きビル等が多く、安く借りることができるという話をよく耳にする。その中で、”すぐに住める状態”の物件数は、それほど多くない。そうなるとどうなるか。 ある地域からの情報発信や誘致のための施策がはまり、移住希望者が殺到したとしよう。だが、住める物件には限りがある。人を受け入れたくとも、受け入れられない状態が続い

続きを読む