見知らぬ人が作った食べ物・飲み物を購入する、 食べ物、飲み物のCtoCサービスの発生

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

流行中。知らない家で「赤の他人と晩ご飯」 | HEAPS

素人シェフを生む、Feastly。 このご時世、シェフに資格は不要? 世の中には、ざっくり分けて二つのタイプが存在する。ホームパーティーやイベントを企画して「おもてなし」をしたいホスト側の人と、もっぱらゲスト側の人。押しも押されもせぬ後者である筆者は、ホスピタリティ精神あふれる「おもてなし」に感服し、「美味しい」と残さず食べてお返しをする。 さて、そんなホスト側とゲスト側、双方にとって興味深いFeastly(フィーストリー)というウェブサービス。Airbnbの「食事版」と注目を集めている。創設は2013年、ワシントンD.C.ではじまった同サービスは、現在、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコを加えた全米4都市で稼動中だ。 サービス開始直後から、「旅行客と地元民を繋げ、従来の旅スタイルに一石を投じる」と、ビジネスとしての評価は高かった。事実、Feastlyの創始者ノア・カレッシュは、グアテマラを旅していた際、路上にいたアボカドの売り子に「リアルな家庭の味が楽しめるレストランを教えて」と聞いたところ、その人の実家に連れていかれ「母の手料理」を振る舞われたことから、このビジネスを思いついたそう。そのFeastlyのシステムはこうだ。まず、ウェブサイトに登録したFeastlyシェフたちが「○月△日、ブルックリンの◇◇エリアにある自宅で、こんなFeastlyを開催します」とサイトで告知をする。 すると、会員メンバーたちは、そのFeastlyの内容、つまり、シェフのプロフィール、コース内容、値段などを閲覧することができ、リストの中から気になる会食に参加するという仕組み。 旅行者だけでなく、大都市ニューヨークには、ビジネス出張や転勤などいつでもこの街とは無縁の"新参者"がいる。Feastlyは、そんな人たちと住み慣れたローカルの人々を繋ぐ「ソーシャルの場」として機能しているのではないか、と予想していた。しかし、実際にニューヨークのFeastly、五つ程に参加してみたところ、参加者は旅行者よりも、圧倒的に地元のニューヨーカーが多かった。 「いつもと違う外食を楽しみたくて」と口を揃える参加者たち。どうやらサービス利用者からは、レストラン以外の「外食の新たな選択肢」として、注目を集めている模様。 "知らない家で知らない人と食べる"がミソ

続きを読む