嗅覚を保存し 食事は過去の思い出を振り返る体験に変わる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

匂いで思い出を閉じ込めるキットが誕生。 第一次世界大戦の匂いを再現したエキスパートが発明したのは「スメル・メモリーキット」 | HEAPS

ある匂いを嗅ぎ、フラッシュバックのように反射的に何かを思い出すことはありませんか。 誰にでも、あの日、あの時、あの場所、あの人、あの想いを一瞬にして呼び起こす匂いがあるはず。 匂いを嗅げばあの瞬間を思い出す、そんな"鼻から始まるタイムトラベル"を可能にする装置が生まれた。匂いで記憶を留める、"匂いの思い出キット"なるもの。 発明者は、「第一次世界大戦の匂い」を再現したことのある、匂い界の大物だ。 匂いのスナップショット、撮ってみませんか 「(このキットは)私と匂いとの20年間の仕事を凝縮した商品」と語るのはシセル・トラース(Sissel Tolaas)。"匂いを嗅ぎ、匂いの微分子を集め、匂いを再現する"ことに20年もの年月を捧げてきた、世界的にも著名な"匂いのエキスパート"だ。 昨年、オーストリア・ウィーンにあるSupersense Lab(スーパーセンスラボ)と共同でこの「匂いによって記憶する装置、スメル・メモリーキット」を開発した。 「ある瞬間を記憶に留めておきたいとき、スナップ写真を撮ったり、録音したりするでしょう。それと同じ原理」とシセル。その瞬間を、"匂い"で記憶するのだ。 使い方は、いたって簡単。 ①記憶したい瞬間やその場所に、この小瓶を持って行く。 Image via Supersense Lab ②蓋を開け、中の試験管をポキっと折る。 Image via Supersense Lab ③試験管内に既に入っているアブストラクトスメル(シセルが発明した、オリジナルの匂い。誰もが嗅いだことのないもの)が放出され、それを鼻いっぱいに吸い込む。 ④吸い込んだその匂いが、いまいる場所、ある瞬間を捉え、あなたの脳に記憶させる。 という仕組み。そして、⑤その匂いを嗅げば、いつでも思い出せる。 キットには、3つのアブストラクト・スメルが付属。一つで約3年から5年持続するため、匂いに追随する記憶を5年後も、10年後も留めておいてくれる。 Image via Supersense Lab 「今度の休暇で行く旅先で匂いと記憶を留めたい」、「大好きな人と会っている時間を匂いにしたい」など、匂いに留めておきたい瞬間がわかっている人は、シチュエーション別のアブストラクト・スメル、T(Travel)、H (Home)、D (Dating)、E

続きを読む

あの感動をもう一度。「新品Macの香り」キャンドルが登場

続きを読む