日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

シニア同士で補い合う、シニアのクラウド就労の増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

【高齢者クラウド:前編】アクティブシニアの経験・知識・技能を活用する社会実証について―日本IBM・小林 正朋氏 | ノマドジャーナル

2015年12月、東京大学が主催する「高齢者クラウド」第5回シンポジウムが開催されました。「高齢者クラウド」とは、超高齢社会におけるシニア層(65歳以上)の社会参加と就労を支援するためのICT基盤を構築する取り組み。シニアの経験・知識・技能を活用することは、人口減少社会での労働力確保という目的だけでなく、広くイノベーションを創出していくためにも欠かせないポイントであると考えられます。 前編では、日本アイ・ビー・エム株式会社の小林正朋氏の講演から、「高齢者クラウド」の具体的な研究開発内容と社会実証についてお伝えします。 「人間の暗黙知」と「コンピュータの分析能力」をコラボさせる技術 IBMでは現在、東京大学と連携した研究開発プロジェクトとして技術開発や実証実験を進めています。研究テーマは大きく3つ。「スキルジョブマッチング」「クラウドソーシング」「テレプレゼンス」です。今回はそれぞれの領域における開発状況と、社会実証についてお話したいと思います。 まず「スキルジョブマッチング」については、株式会社サーキュレーションとともにプロトタイプシステムに関する評価実験を行っています。サーキュレーションは「エグゼクティブなシニア人材を紹介する」という事業を展開されていますが、そうした人材は非常に多様な経歴やバックグラウンド、能力を持っています。一方でシニア人材を求めるクライアント企業の要望や目的は曖昧なものが多い。双方をより効果的につなげるため、定型フォームには収まりきらないような多様性のあるデータをマッチングするプロトタイプシステムを作っているところです。 人材と企業のマッチングは、コンピュータと人間それぞれに得意、不得意があります。コンピュータは自然言語で書かれた経歴書データを漏れなく分析することに長けていて、一方の人間は人材の得意分野を引き出し、活用できる可能性を感覚的に広げていくことができるんですね。

続きを読む