日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

シニア=マイスターという考え方 人生経験の豊富さが仕事になる時代へ

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

この間までフツーのお母さんがビジネス開始。 それは「レンタルお母さん」。お母さん代行サービスだった! | HEAPS

お母さん、ママ、お袋、母ちゃん。 いくつになっても、母親は恋しいもの。が、「ほっといてよ」というときに限って、根掘り葉掘りいろいろ聞いてきて、いて欲しいときに限っていないなんてのも、彼女たち特有の"間の悪さ"がある気がする。その抜け具合もまたいいんだが。 その間の悪さを埋め合わせ、あなたが必要なときにお母さんをしてくれる、「お母さんレンタルビジネス」がはじまりました。 はじめたのは、とある「お母さん」。 image by Zebadiah Keneally 失恋相談、部屋の整理整頓。母さんはなんでもしてくれる photo by Chris Carr 「ビジネス母さん」に転身したベテラン母さんは、Nina Keneally(ニナ・キナリー)。 あなたの母さんやりますよ、と母さん代行サービス「Need A Mom (ニード・ア・マム)」 をはじめた。サービス名、わかりやすくていい。 サイトでニナ母さんのサービスを見てみると、こんな感じ。 ・悩み相談 ・履歴書添削(!) ・独りで寂しいときに一緒に映画を見る ・パイを作ってあげる これ、本物の母さんよりいろいろやってくれるんじゃ? 気になる料金は、1時間40ドル(約4,700円)。高いのか安いのかは、あなたの気持ち次第だろう。 ニナ母さん、会ってみたい。ということで連絡してみると快く会うことを承諾してくれた。さすが母さん。 タイトなパンツにスニーカーな母さんが登場 それからピアスにブレスレット。スタイリッシュな着こなしだ。 筆者に気づくなり、とっても朗らかな笑顔を顔いっぱいに浮かべ軽やかな足取りでこちらに歩み寄る。そして、"徹子の部屋"を思わせるハイピッチボイスで早口に話しかけてきた。 HEAPS(以下、H):今日はお会いできて嬉しいです。早速インタビューをはじめてもいいですか? ニナ(以下、N):私もよ。ええ、どうぞどうぞ、はじめて頂戴。 H:いつみんなのお母さんをはじめたんです?もともと、舞台関係の仕事でバリバリやっていたと聞きました。 N:20代をニューヨークで過ごして、若い頃は芝居をやっていて。その後は舞台関係のプロデューサーとして35年業界にいたの。 H:大御所ですね。 N:ふふ。その頃はコネチカット州に夫と住んでいて。でもニューヨークという大都市が恋しくなっちゃって2年半前に戻ってきたわ!

続きを読む