日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

農作物の栽培で出た余熱を建物の床暖房として使用 自然と建物の共存を目指したサステイナブルなビルの登場

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

スウェーデンに建設中の、農業とオフィスが共存した高層ビル「World Food Building」 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

日本では少子高齢化が問題になって久しいが、世界全体で問題になっているのはむしろ人口爆発だ。世界人口は2050年には100億人に達し、その80%が都市に住むと予測されている。増え続ける人口を養うだけの膨大なエネルギーや食糧をどのように確保するか、そして人口が集中する都市の環境をどのように持続可能にしていくかは世界が直面する喫緊の課題となっている。その解決策として注目されているのが、農業とテクノロジーを掛け合わせた「Agritech(アグリテック)」の分野だ。 最近では高層ビルを活用して植物を栽培する垂直農法の取り組みが世界各地で進められているが、スウェーデン発のイノベーションは、これまでの取り組みとはスケールが違う。なんと全長60mという巨大な高層ビルの中で植物を育てるというのだ。オフィスのためのスペースもあり、都市と農業が融合した未来を提示している。 Image via Plantagon スウェーデンの企業Plantagonが同国の都市Linköpingに建設しているのは、都市農業の世界的なモデルケースとなる高層ビルだ。「World Food Building」と名付けられたビルでは、同社の特許技術を用いて実に年間500トンもの食料を生産できる。 Image via Plantagon このビルの優れている点は、農業エリアとオフィスエリアのエネルギー循環により、環境負荷の低い持続可能な農業とビル運営を両立させている点だ。農作物の生産に使用されるエネルギーの少なくとも50%はオフィスエリアの床下暖房として利用され、オフィスエリアで排出されるCO2は野菜の生産に利用される。そして植物が生み出す新鮮な酸素がオフィスに戻るという仕組みだ。この循環型システムにより、伝統的な農業に比べて毎年1000トンものCO2と5000万リットルの水を削減することができるという。 Image via Plantagon 一般的なイメージとは裏腹に、伝統的な農業の仕組みは持続可能ではないという指摘がされている。農業セクターは2011年には60億トンもの温暖化ガスを排出しており、これは地球全体の排出量の実に13%に相当する。また、地球上の土地の38%が農業に用いられ、清潔な水の70%が農業によって消費されている。

続きを読む

ビルの空きフロアを野菜工場に。ニッポンの農業の未来が明るい訳 - まぐまぐニュース!

日本の農業従事者は減少の一途をたどっていますが、天候に左右されず、農薬も不要な「野菜工場」が我が国の「農」を救うことになるかもしれません。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者の佐藤きよ…

続きを読む