日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

自己表現=町おこし 特技を生かして地域貢献する若者の増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

若者の自由でヒップな町おこし「クラフト・シティ」。カナダに"ブルックリン"作りました。 | HEAPS

「汚染された街」と汚名をきせられたエリアへ、大都市からわざわざ若者が移住している、と小耳に挟んだ。 今回の舞台は、カナダ。若者たちの町おこしで劇的に生まれ変わったその街は、いまや「カナダのブルックリン」の異名をとる。 Photo by @rachleta 移住者急増、理由は「庭つき一軒家が月13万」 トロントとナイアガラの滝の間に位置し、多くの鉄鋼工場が立ち並び「製鉄の街(Steel City)」「労働者の街」として知られる人口約75万人の都市、ハミルトン。ヒップさとはあまり縁のなかったこの街は近年、カナダの「ネクスト・ブルックリン」として若者たちから注目を浴びている。大都市トロントからその中都市ハミルトンに移住してくる若者が急増中。それゆえ、現在ではミレニアルズ人口が近隣都市よりも比較的多く、若者たちのやる気みなぎる町おこしが元気らしい。 Photo by @forrisborris 「この2年で、ハミルトンは爆発的な成長を遂げたわ。先週はあそこに新しいレストラン、今週はここで新しいイベント、ってな具合に」とは、カナダのスタートアップのイベント会社を経営するAnna Wiesen(アナ・ウィーセン)。「大都市から小さな街にお引越しなんて想像してもいなかった」が、家賃高騰著しいトロントに見切りをつけ、2年前にハミルトンに越してきたミレニアル世代だ。 Photo by @allsortspress 8年前にハミルトンに移住してきたフリーランスライターのSeema Narula(シーマ・ナルラ)も、「越してきたばかりの頃はサード・ウェーブのコーヒーショップなんて1軒もなかったけど、ここ数年でわんさかできた」と嬉しげ。 若者の移住や新しいビジネスの流入の根底にあるのは、やはり地価の安さ。都市では2ベッドルームの家賃13万円で家1軒丸ごと借りられるのだ。若い子持ちのヒップスター夫婦が引っ越してくるのもうなずける。 ゼロから作り上げる楽しさ。汚れた街がクールに一変 工場が多いため「dirty city(汚染された街)」と文字通り汚名をきせられていたハミルトンが、「クールな街じゃん?」になったのはここ3年のこと。 「Art is new

続きを読む

コンパクトシティはなぜ失敗するのか 富山、青森から見る居住の自由 - Yahoo!ニュース

戦後の人口増加と成長のもと、居住地域はいたるところに広がった。 だが、人口が減少する昨今、都市機能や居住地域をコンパクトにまとめる行政効率の良いまちづくり「コンパクトシティ」政策が各地で進められている。

続きを読む