子供と別居を避けるため、 籍を抜かずに事実上の婚約解消を選択する夫婦の増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

美魔女雑誌の「卒婚」特集に衝撃! 夫と距離をとる一方で「籍を抜かないメリット」を語る奥さまたち

籍は抜かずに残したままで、結婚生活を"卒業"する「卒婚」。もともとは「卒婚のススメ」(杉山由美子著)という本から一般に広まった造語で、タレントの清水アキラ(62)などが実行している。離婚との違いは、夫婦関係を断ち切るのではなく、「結婚」という形を持続しながら、それぞれが自由に自分の人生を生きるということ。家族として仲良くやっていくための前向きな選択の場合もあれば、離婚の前段階の選択肢という場合もある。(文:みゆくらけん)夫から金銭面で援助を受けながら、自由を謳歌 価値観はひとそれぞれ。アラフォー向けのビューティー雑誌「美ST」(光文社)11月号ではこの「卒婚」を特集。実際に卒婚している一般人の奥さま方が、誌面に顔出しでそれぞれの卒婚事情を告白するという、なかなかアグレッシブな内容だ。特集ページには、デカデカと以下のタイトルが掲載されている。「人生一度きりですもの。私が私らしくいるために、籍は抜かずに距離を置きました。40代で『卒婚』を選んだ私たち」夫の束縛でランチにも行けなかったが、卒婚した今は趣味の書道も人に教えるまでになり、お泊まりも自由になったという40代の奥さま。この方は、夫に離婚を切り出したが「僕の面倒は見なくていいからそばにいてほしい」と言われ、同居で卒婚という今のカタチに落ち着いたのだという。子どもは1人で、夫とは親の責任のみを共有し、あとは互いに自由。金銭面では生活費と子どもの教育費を夫が負担している。倹約家過ぎる夫との価値観の違いから卒婚することになった別の奥さまは、夫と子ども2人が住む家と一人暮らしの自分の家との二重生活中。生活費と子どもの教育費は夫が負担。毎日夫たちが住む家に向かい、朝晩の食事を作って自分の家に戻るという日々を送っている。奥さまは今のスタイルに満足しており、このように語っている。「私は昔から自由人なので、こんな生活の方が心が軽くなり、夫にも優しく接することができるようになりました。以前はお友達との外出も嫌がられていたのですが、今では素敵なお友達とお食事したり美容の話をしたり、充実した日々です」他にも、覆面座談会で登場した奥さま方が、自身の卒婚について語っている。Yさんは夫への愛情がなくなり、顔を見るのも嫌になって離婚したが、「娘2人を育てていくには自分1人では経済的に無理」と同じ夫と再婚した。セックスレスで夫婦が疎遠に、そこから

続きを読む

仮面夫婦とは?6つの特徴と離婚/修復なしの恐ろしい実態 - マーミー

仮面夫婦とはどんな意味と特徴を持つ夫婦かを4コマ漫画と共に紹介:芸能人・医者・弁護士の割合が多いと言われ些細なきっかけで夫婦間の距離が離れ、夫婦仲が修復せず世間体や経済的な負担、子供の負担などを気にして離婚せずに互いに無関心だが外では円満夫婦を演じている。

続きを読む