日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

インフルエンサーを社内で育てる小売業者の増加 売上をボーナスに還元し、従業員との関係も強固に

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

百貨店・メイシーズ、従業員300人をインフルエンサー化:「スタイルクルー」プログラムの中身 | DIGIDAY[日本版]

米百貨店メイシーズ(Macy’s)の社内インフルエンサーチームが拡大しそうだ。昨秋、20人の従業員を「アンバサダー」にするというスタイルクルー(Style Crew)の試験運用を開始して以来、メイシーズは、このプログラムの進展のために投資してきた。今春には、300人を超える従業員がこのプログラムに参加している。

続きを読む

インフルエンサー 施策、ブランドで「インハウス化」進む | DIGIDAY[日本版]

今後しばらく、インフルエンサーマーケティングがなくなることはない。マーケターが広告費を増やしているのを見ればわかるように、多くのブランドが、独自のインフルエンサーマーケティングチームを社内に立ち上げはじめている。インフルエンサーとの関係や、キャンペーンのパフォーマンスをいま以上に管理するためだ。

続きを読む