人がオフィスに来るのでなく、大型オフィスが巡業する未来の登場 自動運転技術による職場のモビリティ化で土地の所有の概念が崩壊

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

長い! 全長18m「連節バス」発売 いすゞと日野、2年かけ開発 街の風景変わる? | 乗りものニュース

バス車体を2台つないだ連節バスを、いすゞと日野が発売しました。日本国内で走る連節バスは、その多くが輸入車というなかでの「国産」の新型、事業者からの注目度も高いようです。

続きを読む

家もオフィスも移動する!? “ミニマル”の先にある働き方の可能性 | WWDJAPAN.com

京浜急行電鉄が今春、新しい暮らし方を提案するYADOKARIと組み、横浜市日ノ出町・黄金町エリアの沿線高架下に「高架下タイニーハウスホステル」をオープンする。“タイ二ーハウス”は自動車でけん引できる移動可能なミニマルな住居のことで、YADOKARIが提唱するこれからの暮らし方の1つだ。YADOKARI創業者のウエスギセイタ共同代表に、これからの暮らし方や空間活用について話を聞いた。

続きを読む